"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0752.jpg

先日、折れたセイコーダイバーズのバンドですが、

無事に自分で交換して復活しました。

新しいバンドはまだ腕に馴染んでいませんが、

新品はやっぱりいいですね。


<備忘録>
SEIKOダイバーバンド22mm
DAL0(ゼロ)BP
JAN:4562202261062
スポンサーサイト
DSC_0731.jpg

もう10年以上になるセイコープロスペックスSBBN007ですが、

またバンドが切れました。今回は早かったですね。2年くらい?

いつも蛇腹のところからボキッと切れます。

この時計の宿命ですね。ウレタンバンドなんで仕方ないです。

ほぼ同じ見た目の後継機種は出ていますが、

価格はもう信じられないくらい上がっています。

なんでも値上げ、値上げで原材料の高騰もあると思いますが、

ちょっとやりすぎですね。

この時計は当時定価10万くらいだったと思います。

故障もなく、コンスタントに電池を交換するだけで、

絶好調なのでROLEXよりも好きです(笑)

バンドは今回は自分で交換しようと思います。
DSC_0642.jpg

このところ雪が降りまして皆さまも大変だったと思います。

冬といえば、L.L.Beanのメインハンティングシューと

WOLVERRINEの1,000マイルブーツ・・・じゃないくて

長靴です。

この2足とも過日の大雪の時には大活躍でした。

管理人のMaine Hunting shoeは普通のではなく

GORE-TEXシンサレートなんで、かなり温かいです。

このグレードついこの間まで日本では購入できず

アメリカからのMailorderでしか買えなかった思うのですが

今は21,000円で購入できるようですね。

ちなみに管理人は、送料込でこれを10,000円ちょっとで

購入できました。(購入当時)

そして、ウルヴァリンですが、こちらは、昔むかし、

アサヒシューズがウルヴァリンの生産をしていた頃の

ライセンス品だと思います。

日本製ですが、もう結構年季が入っています。

2足とも管理人にとっては冬の必需品です。
imgrc0062483752.jpg

67camperさんのブログでも登場している四国オリジナルさん

大リコメンドのMade in UKのスニーカーWALSHが僕の

スニーカーラインナップに加わりました。

今日おろしたのですが、「軽い」、「疲れない」、「フィット感」

この3点が個人的な感想です。


imgrc0062483880.jpg

基本こちらのメーカーはWIDTH(ワイズ)が細いのですが、

幅広な管理人でも問題ありませんでした。

1961年創業と比較的新しいメーカーですが、UK madeで

こだわりのスニーカーです。

まだまだ認知度は低いですが、これから流行る予感します。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。
4a_Prospex.jpg

2015年8月発売予定。

SEIKOプロスペックスダイバーで今まで

自動巻きで最高は600mでしたが、つ、ついに

1,000mモデル登場です。

定番ですが、そんなに売れない・・・はず。

なのでカタログ落ちが早いかも・・・。

GS(グランドセイコー)でも採用されている

ハイビート8L35ムーブメント採用。

シビレマス・・・・・・・・。

となると買うしかない。久々に琴線に触れました。

値段もいいお値段税込378,000円。

普通の人だとこんな時計に40万出すなら、ROLEX

買うでしょうね。

詳細は下記を参照ください。
P1070762.jpg

最近スーツを着ることが多いです。

冬用のコートを考えていたのですが、

アクアスキュータム、マッキントッシュ、バーバリー、ダンヒル

頭の中に浮かべどイマイチピンときません。

僕の中ではスーツの上からの・・・コートはbarbourしか

考えられませんでした。

ビューフォートも考えたのですが・・・やはり丈の長いボーダーで。

しかも、最初どうかな?と思っていたNAVYも実際見るといいじゃん。

ということで、奥さんから少し早いクリスマスプレゼントになりました。

ありがとうございます。

ビデイルもロンドンで15年前に購入して今も着ています。

ヨメはWAXの独特の匂いが大嫌いで臭い臭いを連発しておりますが

今回ボーダーの購入に行ったお店の店員さんにbarbourにまつわる

薀蓄を少し聞きかじりこんなもんかと思ったようです。

女には女の世界観があるように男には男の世界観があるんです。

そうでしょ67camperさん!!

次は黒のビューフォート狙っています。
皆さんご存知かどうか分かりませんが

僕は、ホテルのバスルーム観察が好きです。

まぁ、ショボイ、ビジネスホテルを観察しても

仕方がないのでそれなりのアッパーミドルクラス以上の

ホテルになりますが・・・。

それで、アッパーミドル以上のホテルでよく見かける

シャワーヘッドがあります。

ドイツの水栓メーカーであるGROHEです。


tempesta.jpg

こちらの製品はヘッドにある切り替えスイッチを使うと

様々なスプレーパターンが利用できます。

ドイツ企業ならではの高品質なルックスも魅力的ですね。

何度かホテルで使ううちに自宅でも使ってみたくなりまして

とうとう自宅に導入してしまいました。




取り付けアダプターは680円なのですが、無料でつけてくれました。

既存のシャワーシステムにヘッドを交換するだけで

簡単に高級ホテルのようなバスルーム(言い過ぎ)が完成です。

1日の疲れが癒える空間の一つですので、こういうところに

投資するのは、いいことだと思います。

突然ですが、みなさんは最近手書きで手紙を書いたこと

ありますか?

パソコンの、メールで済ますことが多いのではないでしょうか?

私は、自分で書くのも恥ずかしいのですが、割と筆まめな方で

お礼状や手紙は割と出す方です。

やっぱり直筆の手書きの方が心がこもっているし、

相手に気持ちが伝わると思うのです。

でも、使われる封筒や便箋が安っぽいと、

個人的に文章や人柄まで安っぽく思われそうで嫌です。


P1070282.jpg

管理人はフランスのG.LALOというメーカーのLetter Setをずっと

使っています。

こちらの製品は、かなり値段が張りまして、どこでも売っている

わけではないのですが、コットン使用、肉厚で、本当に

上品な製品です。

下品な管理人も瞬間的に上品になれそうな感じなのです。

恋人にも友人にも恩師にも、先輩にもやっぱり大切なときは

このG.LALOのLetter Setを使って手書き直筆の手紙を送ると

株が上がること請け合いです。
41qHUV8drNL.jpg

わたくし、5年くらい前から、スイスで開発されてドイツで

製造されているアロナールという歯磨き粉を

ずっと使い続けています。

こちらの歯磨き粉、歯科医院でも使われているもので

1本1,000円くらいしますが、

研磨剤を含まず、不必要に泡立つこともなく、

歯肉なども痛めることもないということで、愛用しています。

日本の歯磨き粉のようにキャップ式ではないので、開封時に

変な心配もありません。

何と伝えていいやら説明しにくいのですが、

この歯磨き粉を使うと、他は使えないくらい

歯の磨き心地がいいのです。

今回、本国の製造会社GABAが買収され、薬事法に基づく

世界でも類を見ないヘンテコな法律のおかげで、

特別に日本向けの成分で製造されていたのですが、

会社買収により、親会社の意向で、日本向けの特別製造が

できなくなり、日本市場は見捨てられることになったようです。

輸入元の大信貿易さんでも、医薬部外品として再度輸入するに

あたって、とてつもないコストがかかり、とてもペイできない

とのことで、輸入断念となったようです。

今年末で発売中止となるようで、今日、2本ほど買ってきました。

この歯磨き粉は街中のドラッグストア

どこでもあるわけではないので

買い置きしていたのですが、今後も少しずつ買い置きして

できるだけ長く本製品を愛用したいと思います。

アベノミクスもいいけど、もっと世界基準に合わせた法律に

して欲しいですよね。

とにかく厚生労働省というか、僕の大嫌いな

こわっぱ役人どうにかしてよ。
41lP1LB-N5L__SS500_.jpg

僕はビジネスシーンでは20代からTUMIを愛用しています。

防弾チョッキに使用されるバリステックナイロンを採用

しているという男心をくすぐるディテールもそうなんですが、

もう一つお気に入りのブランドがあります。

日本企画ですが、生産はMADE in U.S.Aでしかも軍需工場で

生産されているBRIFFING(ブリーフィング)です。

こちらもMILSPEC並の強靭さを持ち合わせたプロダクツです。

こちらはバッグは持っていませんが、現在は廃盤のIDカード入れ

など小物は何点か持っています。

そんなBRIFFINGからブランドヒストリーや写真がメインになった

TRAVELING ACROSS THE U.S.A. WITH BRIEFING という書籍が

徳間書店からリリースされました。

BRIFFINGを販売しているSELLTSさんの通販サイトでは、この書籍と

限定のトートバックがついて3,675円で販売されたいたので

思わず購入してしまいました。

書籍の内容はBRIFFINGのヒストリーや製造現場が掲載されており、

BRIFFINGファンにはたまらない1冊となっている他、トートバックも

小さいながらもMADE in U.S.Aで、かなりレアな一品です。

在庫なくなり次第、トートバック付きは販売終了となるようですので、

興味ある方は早めに購入したほうがいいかもしれませんね。
R7280899.jpg

お気に入りのwatchの一つであるセイコーダイバーズの
ウレタンバンドがパックリと割れてしまいました。
購入から8年、寿命が短いと言われるウレタンバンドですが
よくぞここまでもってくれたなと思います。

自分の場合、物持ちはいいほうですが、ここまでは
我ながらすごいなぁと思う。
電池は1度交換しています。

ちなみにカワタ時計店に発注したら4,000円とのこと。
ちと高いような気もしたのですが即注文しました。

一番気兼ねなく腕にはめれる時計がこいつです。
51LQo9fP1yL.jpg

いつもcutをお願いしてます新百合ケ丘のhammさんのowner

maruさんオススメのヘアグリース"cool Grease"

を最近使っています。

ちょっとポマードっぽいのですが、水溶性で手にとって

ネチャネチャさせながら髪につけていきます。

少し霧吹きで水をつけて髪につけるといい感じに仕上がります。

かなりテカテカ、マット感がでてF&Eなんかに出ている

モデルさんのような仕上がりになります。

残念ながら管理人はそんなモデルとはかけ離れた

ノンイケメンですが・・・hahaha.

ドンキで安く売っていますよ。ぜひお試しあれ~。
212080_1914_41.jpg

先日のチラッと写真出しましたが、

年始の北海道行きでは大活躍した

Bean BootsのGORE-TEX/Thinsulateです。

昨年の青森行きに間に合わせようと購入したのですが

タッチの差で間に合わず…。

本シーズンから使用開始しました。

今、L.L.Beanの本国サイトを見るとWINTER Saleで

$179.00が$169.10になっていましたが、この製品

昨年僕は$100ちょいで購入しました。

この価格暴騰ぶりはなんでしょうか??

不思議です。

GORE-TEXはご存知のとおり、永久不滅に撥水するものでは

ないですが、とりあえず温かくて重宝しています。

とうとう円も1$=90円になりそうですし、興味ある人は

今買うしかないっ!!
今日、高知は南国のオリジナルさんの店長日記見ていたら

barbourのビデイル今年で製造中止??みたいな書き方して

いらっしゃいました。マジですか?T尾さん。

こりゃヤバイ。

僕も15年モノのビデイル1着あるけど、太ってサイズ的に

ヤバイんですよ。

ちゅーわけで、もう1着欲しい。

で、U.K.から輸入できそうなところ発見したし、為替のレートも

文句なしだし、輸入してみようかなと思います。

高知のF&Eな方々はもうお持ちでしょうから、当ブログをご覧の

皆さん、どうですか!一緒に輸入しませんか??

FILSONやPendletonはまだまだMade in U.S.A.のものがほとんど

ですが、加速度的にChina製を増やしているBarbourの終焉も

近そうです。

手に入れるなら今しかない。
P1050502.jpg

今年の1月に四国のVW帝王、67camperさんと再会したときに

うちの親父が使っていたhartmannのbagを氏に差し上げました。

もちろん1,2回しか使っていないmint品です。

だって価値も分からない人におあげても仕方ないでしょ。

年の差はだいぶありますが、67camperさんも僕もhartmannが

大好きです。

僕のような若輩者でエグゼクティブじゃない者が所有すべきでは

ないと思いますが、シンプルで頑丈で、使い込むうちに自分に

なじんでくるものはそうそう今の世の中ありませんよ。

ヴィトンやグッチを買うなら、僕ならGHRKAかhartmannです。

残念ながら、そう思う人はなかなかいなかったようで、

日本の代理店だった三越でも数年前に取り扱いがなくなって

しまいました。


P1050509.jpg

さて、今日ご紹介するのは、正月に実家の広島に帰省した際に

親父から譲り受けhartmannのケースです。

僕の父親というのは、息子がミスターモノマガジン

と呼ばれるくらいだから、

それに輪をかけたような・・・

もう元祖モノマガジンのような人です。

人が欲しいと思っているものは

たいてい所有しているといった感じです。


P1050504.jpg

父は20代後半から海外で長く働いていたことが多く、

それゆえに舶来のいいものを見る機会や審美眼、

アッパークラスの外国人が所有しているモノを

観察していたのでしょう。

このhartmannは多分帰国して三越で買ったと思うのですが、

数年前に仕事を引退してから、

ずっと奥にしまってあったのを、

「欲しいんだろう?」と

いって正月に僕に譲ってくれたのでした。


P1050506.jpg

昔から欲しいのもは自分で稼いで買えと、

口を酸っぱくしていっており、

それを僕も実践してきたのですが、

35歳が近づいてきて、haetmannを

持たせてもいいと思ったのでしょうか?

自分としてはまだまだ貰えるのは先の話で、

親父が死ぬ間際かなと思って

いたので、ちょっとびっくりしたのでした。

とにかく、こういう一生モノの製品を親から子、

子から孫へ受け継ぐといった習慣も

きょうびの日本ではなかなかなくなりつつあると思うので、

受け継いだからには大事にしていきたいと思います。

オヤジありがとう。
最近、南国・高知のおやじさん方で盛り上がっている

barbourですが、当ブログでもかなり以前に

1度アップさせていただきました。

四国のVW帝王、67camperさんがbarbourを

アップされていましたので

触発されてこちらもアップです。


P1050426.jpg

最近、自分もbarbour熱が再発し、

円高もあってか今回は個人輸入しようと

ネットサーフィンをしておりました。

barbourといえばグリーンチェックの裏地だと

思い込んでいたのですが、

最近は違うようでして、

オレンジが入ったなんともいえないチェックの

裏地になってしまい、ちょっと興ざめです。


P1050422.jpg

自分は学生時代の1997年にイギリスに行ったときに、

barbourの本店にてビデイルを購入して以来、

15年目に入り、気合抜群です。

上記の写真を参照していただきたいのですが、

昔のモデルはイギリス王室御用達の王冠マークが

横3列なのに対し、最近のモデルはタグに対して

縦3列になっています。


P1050422.jpg

なんでもそうですが、昔のモデルっていいですよね。

個人的にはbarbourの裏地はグリーンチェック

これに尽きます。


P1050430.jpg

最後に、高知のアウトドアショップMill'sのO氏に教えて

いただいたのですが、

僕の所有するこの年代のモデルの

ボタンはKANE-Mと書かれていて、日本製だそうです。

こちらのビデイルを購入した当時は年齢も若く、

若気の至りで購入してドカジャンのようで、なんだか

ダサくて近年まで着る機会は少なかったのですが、

今年は通勤用に結構着用しています。

年をとったのか、昔よりは似合うかなと思うきょう

この頃です。

これからメルセデスのように20年に向けてワン・オーナーと

して自分らしくヴィンテージにしていきたいと思います。

P1040776.jpg

最近、同級生や同世代が

次々と頭皮の砂漠化が進んでいます。

管理人は今のところ大丈夫ですが、

以前からシャンプーとコンディショナーには

結構気を使ってきました。

シャンプーなんてなんでもいいと思っている

男性諸君、安いシャンプーを使っていると

痛い目にあいますよ!!

ずっと使ってきているのはCOTAのスキャルプタイプです。

薬用なんですが、かなりいいです。

夏もフケとかは出ませんし、

なんといっても匂いがかなり素敵です。

そんな管理人の匂い好き&シャンプー好きを知っている!!

コン太さんの奥さんからケラスターゼの男性タイプが出たよと

シャンプー&コンデのSETをいただきました。

ケラスターゼといえば、限られたサロンでしか

使えない超高級なブランドですね。

早速使わせていただきます。

いつもありがとうございます。
全国のMade in USA好きの皆さん、こんばんは。

ミスターモノマガジンです。

今回は既に廃番のバイヤーのメインスツールチェアを

紹介します。

P1040343.jpg

BYERはL.L.Beanの本社がある同じメイン州にあるウッド製品の会社です。

かつては米軍にも製品を供給していたようです。

以前はMade in USAを守り続けていたのですが、

現在はコスト高で生産を中国に移管しています。

P1040344.jpg

クオリティもかなり下がったのでしょうか、最近は

ウッド製品は製造されていないようで、

かつてBYER社が名を馳せた製品はBLUE RIDGE CHAIR WORKSという

会社が類似品をMade in USA製造で頑張っています。

国内では並行輸入品で買えるようですね。

BYER社製品に関してはA&F取り扱いにてハンモックの購入が可能です。

さて、前置きが長くなってしまいましたが

P1040351.jpg

この折りたたみチェアはっきり言ってアウトドアで使うには重たいし

場所とるし、決して高性能ではありません。

しかし、ウッドの温かい触り心地や、スタッキングできる形状、

P1040345.jpg

いかにもアメリカ製と言わんばかりの巨大で頑丈そうなヒンジなど

所有した者しか分からないなんとも言えないこれぞアメリカ!!的な

雰囲気を醸し出しています。

ずっと欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、

真剣に欲しいと思うようになったときには、その製品はたいてい廃番か

生産中止になるのが通例でご多分にもれず、ヤフオクで暴力的な価格で

買うしかないなと思っていたところ、伝説のアウトドアショップ「Mill's」

さんにて運よくNOSを購入することができたのでした。

P1040349.jpg


Oさん大切に使わせていただきます。
P1030576.jpg

なぜか管理人は幼少の頃から毛布が好きです。
いや、けっして毛布をクンクンと嗅いだりするわけではないのですが、
脇役でありながらしかし、保温という重要な役割を果たす毛布=ブランケットに
心奪われるのです。

P1030575.jpg

もちろんアメフェチな管理人としてはやはりペンドルトンのブランケットは必須です。
ペンドルトンのジガジガでチクチクするウールの生地には時としてうんざりするのですが、
なに、厳冬時には、その保温性の高さが時として最高の自然からの贈り物になるのです。

P1030574.jpg

モーターローブはワーゲンに、キャンプの時にはブランケットを、そしてもう1枚計3枚の
ペンドルトンを所有していますが、時にワーゲンで仮眠をとるとき、夜のひざ掛けとして
冬のキャンプの保温対策として、大活躍です。

P1030571.jpg

ペンドルトンはチーフジョセフ柄というインディアンがモチーフの独特な柄が有名ですが
ちょっとくすんだチンチラグレーのプレーン色なども落ち着いていて個人的には好きです。
ペンドルトンブランケットは現代の生地に比べると重いしジガジガするし、決して高性能
ではありません。

P1030570.jpg

しかし、真冬の高速のSAで後部座席で仮眠をするときに、
金属のかたまりのようなワーゲンの車内でペンドルトンを体に
ぐるぐる巻きにせずして安眠はできないでしょう。
同じように真冬のキャンプでの夜のお楽しみ、焚き火でひざに1枚の
ペンドルトンを掛けるとかけないとでは、テントでのおやすみのあいさつのあと、
ぐっすりと寝れるかどうかで差がつくでしょう。
寒がりな女の子にやさしいチーフジョセフ柄のペンドルトンのひざかけを
貸してあげると男が上がるのは、請け合いです。

P1030572.jpg

そんなわけで、管理人にとって毛布は大好きで
相棒のようなかけがえのない存在なのです。
嘘だと思う読者のみなさん、一度アウトドアショップで
ペンドルトンを買ってごらんなさい、
きっと管理人のように毛布好きになるに違いありません。



就職が決まり東京の幕張で行われる入社式に行く数日前に、親父に祝いだと
もらったゼニアのガーメントバッグ。
自分には似合わなくて、もったいなくてタンスの肥やしになっていました。

明日は、久々にスーツを着ないといけません。
会社の人に●●君はいつもキャンプに行くような格好かチノパンにボタンダウン
だけど、たまにスーツ着ると坊ちゃんみたいだねって言われるくらいスーツが
似合いません。トホホ…。

そんな明日のために30も過ぎたし、Zegnaのガーメントバッグを使うことにしました。
当時、多分●●●●●●円はしたと思います。
大学生でRIMOWAのトランクを買った時もクソ生意気だと自分でも思いましたが、
22歳でゼニアも相当に生意気でした。

今は大丈夫…でしょう。
これから準備して明日に備えます。
全国のCONTAXフリークの皆さんこんばんは。
ブログ仲間の67camperさんが先日T2を購入されたログに触発され
うちもT2をアップします。

P1010896.jpg

1996年に大学1年生になった頃、とうとうT2が生産中止になると聞いて、広島の人には
懐かしい響きダイイチ本店(現、デオデオ)でラスト1品残っていたのを購入しました。
定価100,000円、以前もこのことは書きましたが、ほんと18歳の僕には清水の舞台から
飛び降りるくらい勇気がいる決断でした。

しかし、結果として1度も故障もなく2010年を迎える今年もきちんと動いています。
CONTAXの魅力はなんといってもcarl zeissレンズの描写力だと思います。
素人の僕が言うのもおこがましのですが、仕上がってきた写真を見ると、素人目にも
「切れがある」と思わずにはいられない、まるでプロは撮影したかのような写真が
あがってくるのです。

今は主力機はデジカメに移行しましたが、アメリカ、カナダ、韓国、中国、ヨーロッパ
出かけるときはいつもポケットにはT2がいました。

P1010895.jpg

残念ながら京セラはCONTAX販売から撤退しましたが、今だからこそ、
デジカメタイプのコンパクトCONTAXをリリースして欲しいと思います。
僕の所有するカメラには必須の速写ケース、T2にはほんとよく似合うと思います。
名わき役である速写ケースももちろん純正です。
67camperさんのT2に唯一負けないのは…ワンオーナー14年目の重み…でしょうか。

僕も67camperさんのようにデジカメと銀塩1台ずつ持ち歩くor使い分けるように
今後はしたいと思います。

このカメラにはお金には代えがたい思い出が詰まっているのです。
これからも大切にしたいと思います。
マンフロット

こんばんは。車仲間のbettyさんから物欲星人と呼ばれる管理人ですが、
30も過ぎてくると物欲もだんだん枯れてきて、ガキのころから
失敗続きの安物買いの銭失いという高い高い勉強代も支払って
モノがあふれかえり、最近は人にあげたり、捨てたり、縮小状態です。

しかし、カメラ用品に関しては素人でして、ボロイ安い三脚が1台あるだけでした。
ご存じのようにyoutubeで素人動画をアップして記録として残せる楽しさを知ってから
動画にはまってしまい、三脚よりは一脚が動画撮影には向いているなと
個人的に思いまして今回マンフロットの一脚を購入してしまいました。

マンフロットは、イタリアの三脚メーカーでして、
1960年代末にイタリア人のフォトリポーター、リノ・マンフロット
(Lino Manfrotto )によって創業されたブランドです。
彼自らの体験をもとに作り出された、使いやすく安定性のあるスタジオ用品は
プロの間で評判となり、自らのブランドによる製品ラインアップを作ることとなりました。
カメラ三脚の製造は、1974年に開始。 現在、ラインナップは業務用の大型三脚から
携帯用の小型三脚まで、またスチル用、ビデオ用、照明用などと幅広い。
パノラマ撮影用に決まった角度でカメラを回転させることができる雲台も製造していて、
現在はジッツオグループの傘下にあるメーカーです。

以前から、ヨドバシカメラで取り扱っていていいなーと思っていたのですが、
イタリア製の三脚、一脚ってどうなん?と思い敬遠していました。
そう、車はFIAT、ALFAに代表されるように、トラブルメーカーの巣窟のような
イメージが自分にはまとわりついていて、カチッとしたイメージがわいてこなかったためです。

しかし、店員に聞いて素晴らしいメーカーだということが分かり、
購入に至ったのですが、とてもイタリア製とは思えない質実剛健な作り、
まるで国産品のような心配りのよさに、さすがに創業者がフォトレポーターだけあるな
と思わせる作りです。

早速先週、動画を撮影したのですが、安い三脚ではどうしてもターンの時に
ガクガクした画像になりがちですが、一脚ではスムーズに撮影することができました。
さすがに、軽いカーボン製は高くて手が出ませんので、重たいアルミ製ではありますが、
素晴らしいクオリティに次は奮発してカーボン製の三脚を購入するつもりです。

長く付き合えるモノに久々に出会った感じです。



僕はカメラを購入するときには、純正で速写ケースがリリースされていたら必ず買います。
速写ケース、そなわち読んで字のごとく、すぐに撮影できるような形状のカメラケースのことですが、いいカメラには速写ケースがすごく似合うし、純正のケースはそのカメラ自体の存在感をすごく引き立てるいい脇役だと思います。




今回はT2とLUMIXを引っ張り出しました。やはり最近のものは手抜きが多く、革製ですがLUMIXのものよりもT2のほうがずっとしっかりしていて、質感も抜群ですし、手にとってしっくりくるのはT2の速写ケースの方ですね。




先のコメントにこの写真はLUMIXで撮影したのか質問がありましたが、これは携帯での撮影です。
今週の休みはLUMIXを持ち出して屋外での撮影をしてみたいと思います。
moblog_a072c35f.jpg


昨日、昨年も当ブログでご紹介したOSRAM COPILOTという12Vシガーソケットで使用できる、フレキシブルライトについて問い合わせをいただきました。ありがとうございます。残念ながら人気で当方に在庫ありませんでしたので、昨日海外に発注いたしました。

日本のダサいものと違いおしゃれで洗練されたライトです。マップライトな感じでも使えますし、フレキシブルなので照らしたい場所に向けてルームランプのような使い方もできます。特に空冷ワーゲンのオーナーの方には貧弱なルームライトの代わりにもってこいです。

4月末までには当方に届く予定です。興味ある方は左記のメールフォームからお問い合わせください。それにしても、最近、オイル、風防、ライトといろいろマニアックなお問い合わせをいただき、管理人もうれしいです。

ありがとうございます。



皆さんは、どんなシャンプー&コンディ使われていますか?

自分はコタというブランドを使用しています。

めっちゃ高いけど、めっちゃいいです。

シャンプーは800mlで6,000円近くします。

コンディは1kgで1万円近くします。

でも、サロン用サイズなんで半年以上持つから

日割り、月割にするとそうでもありませんね。

最初の第1歩が勇気要ります。

とにかくいいっす。

ちなみに匂いもかなり素敵です。
僕はアメリカ製好きです。(以下、アップの写真は管理人の私物の一部です。)

20100125192556.jpg

もちろん日本製や欧州製も好きですが、やはりアメリカ製独特のガサツだけど、タフな作りには魅力を感じます。

20100125202240.jpg

男らしさというかゴツゴツとした荒々しさや多少乱暴に扱ってもビクともせず、長期に渡って機能が衰えないところも魅力だと思うんです。

20100125200813.jpg

例えて言うなら、中国でモノづくりしている人には悪いけど、やっぱりMade in ChinaとMADE IN U.S.Aは天地ほどのクォリティの違いがあると思うんです。

20100125184709.jpg

90年代終わりから21世紀初頭までは、まだまだずいぶんとアメリカ製のものはたくさんあり、普通にMade in U.S.Aと書かれている工業製品はたくさんありました。今では、コストダウンという名のもと、生産拠点の海外移動が多くなり、アメリカ製もめっきり少なくなりました。

アメリカ製、もちろん日本製、そのほか欧州製造のものもそうですけど、中国やその他の国と何が違うのか、材料やマテリアルは一緒、図面も一緒なのに…個人的にはそれは「愛」、「誇り」と「プライド」だと思うんです。職人が誇りとプライドをかけて作る、それが最終製品に現れるのだと思います。

20100125184706.jpg

よく雑誌でアメリカのアパレル企業やブーツの工場見学の様子を誌面で紹介していますけど、その中で職人や働いている人のインタビューで必ず出てくる言葉が会社への愛着や誇りですよね。そして自社製品を愛す心です。

20100125184704.jpg

繰り返します、中国製を悪く言うつもりはないけど、中国製には製品への「愛」や「誇り」はないように思います。そこにあるのは…カネ、カネ、カネ。そんな気がします。

20100125184714.jpg

そんなことでは一流の製品はいつまでたってもできゃしませんよ!!Made in U.S.Aの製品からは、なんだか誇りやプライドのオーラが出ているような気がします。だから消費者も必死で大事に長く使おうと思うんです。

20100125184711.jpg

日本ではユニクロの一人勝ちがさかんに言われていますけど、経営としてのユニクロは素晴らしいと思いますが、果たしてユニクロ型のモノづくりがこれから先いいのか悪いのか…僕はユニクロ型ものづくりは危険だと思います。例えばファッションで言えば、ファストファッションと呼ばれる、ワンシーズン着たらポイというようなものは、いずれは飽きられると思います。

未だにアメリカ製、いや創業国での製造を頑なに守っているブランドは息が長いものが多いのは、やはり品質の高いいいモノは長く使えて「いいね」って思う、消費者がいるからだと思うのは僕だけでしょうか?

とにかくMade in U.S.Aバンザイなのである。

sakaiya_patagoniap0007.jpg

まだまだPatagoniaが今ほどメジャではなかった頃から、僕はPatagoniaのファンです。過激なNGO団体、シーシェパードを支援していますが、製品と環境保護支援は別物だと思っています。個人的にはシーシェパードを支援するのはどうかなと思うのですが…

さて、今日はPatagoniaがSIGGとコラボしたボトルの紹介です。自分は弁当男子ではないのですが、最近はできるだけ節約のため、お茶だけは、マイボトルに入れて会社に持っていくようにしています。職場の上司は、仕事中の飲食がとても嫌いな方なのですが、お茶を飲みながら仕事するのはごく普通だと考えている管理人としては、当たり前のように以前はは自動販売機でお茶を購入し、飲んでいました。

最近は、エコのこともありますし、SIGGのボトルを持ち歩いています。単なるSIGGボトルでは面白くないので、少し前まで売っていたPatagoniaロゴ入りのSIGGボトルを使っています。絶対にすぐに売り切れてしまうであろうと思ったので、予備派な管理人、もう一つ新品で購入しています。

SIGGは確かスイスのメーカーだと思いますが、凹みはしかたないにしても、長持ちします。
Patagoniaに関しても確かにアメリカに比べて日本の価格はべらぼうに高いですが、品質はいいと思うし、事実、初めて高校生の時に購入したシンチラJacketは今でも現役の部屋着ですし、会社に行く時に使うトラベルトートももう、7年以上毎日のように重い書類を入れていますが、全く平気そのものです。
20100124183052.jpg


女性は知っていると思いますが、DIFFUSER(ディフューザー)とは、部屋の中で使用するアロマのようなホームフレグランスを芳香させる機器のようなものですが、最近、自宅でホームフレグランスに結構はまっています。

自分は結構匂いフェチで、匂いには敏感です。男の癖に…ですが、以前もアップしましたように柔軟剤もダウニーですし、結構キツめの匂いが好きです。特にフレグランスはつけていませんが、仕事から帰宅し、自宅の玄関をあけると癒しの香りがすると一気に疲れもほぐれますね。

先日の長期休暇の時にtabochanさん宅に一晩お世話になったのですが、彼の家のホームフレグランスの匂いがとても自分の琴線に触れてしまい、神奈川に帰宅後、すぐに最寄りのボディショップでオイルを購入してしまいました。
えー男がってお思いでしょうが、皆さん一度お試しください。きっと癒されるはずです。
今日は寒さが和らいだ関東ですが、でも朝晩は寒いですね。
皆さんのお住まいの地域はどうでしょうか?
自分は高校生の頃からアメカジというか特にアウトドアファッションを一貫して通していまして、チノ&シャツ&スニーカーというのが定番です。

冬のシャツといえば、やっぱりネルシャツです。それも舶来ものに限ります。ユニクロなんか問題外、国産のブランドも興味なし、やっぱり柄の素晴らしい海外メーカーのものがgoodに決まっています。L.L.Bean、Pendulton、RLが管理人のだいたいの相場です。

img56260739.jpg

rlchkshtred1.jpg

これは今シーズンもののラルフです。こういう柄はまずドメステックなブランドではないですよね。2着も買ってしまいました。L.L.Beanも円高に乗じて3着ほどメイルオーダーしてしまいました。ペンドルトンはちょっとジガジガするのであまり着ないのですが、USAマテリアルの生地は一生モンの雰囲気とオーラがバンバン出ていて、本当なら着倒してヨレヨレにするのが流儀なんでしょうが、全て趣味は2流の男である管理人には、そこまでの甲斐性がございません。

毎年増え続けるフランネルシャツですが、人にあげたり、残念ながら古いものは捨てたりして、今では20着くらいに落ち着いています。でも好きな柄ばかり着るので、お気に入りのデザインのものから痛んでくるのがちょっと悲しい。
51600615777.jpg

ご無沙汰しています。今日、賞与の明細もらいました。会社は危機的状況にあるのに…こんなにもらっていいんですか?って感じです。春の業績変動賞与はゼロでしょうけど、自分は幸せ者です。

そういうわけで、貯金をしようと思うのですが…、最近鳴りを潜めていた…ブツヨクという悪い虫が湧いてきます。えー時計はもう卒業と思いながら、とどめにこれ欲しいなぁー。

男は黙って即金、現金で!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。