"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年2月に導入となりました、FORD FIESTAですが、

現在18,000km超のマイリッジを刻んでおります。

おかげさまで、トラブルらしいトラブルは今のところなく快調です。

FORDは残念ながら日本撤退しますが、我が家はFORD JAPANの

直営店から購入していますが、従業員の方々は解雇される

というのに、最後まで頑張っておられますし、対応もわたくし個人的には

できる範囲内で精一杯やっていただいている印象を受けます。


DSC_0013.jpg

さて、そんな我が家のFIESTAですが、先週マンションの駐車場で

お隣さんが駐車後、助手席のドアを思いっきりあけて、

こちらのドアを地金までエグルという事件が発生しました。

鉄板の厚い車なので見た感じ凹みはなさそうなのですが、

正直なお隣さんからの申し出により発覚しました。

修理はもちろん全額向こう持ちということを言っていただき、

今のところは常識的な人でよかったと思っていますが、

お金をいただくまでは安心できません。

国産車にお乗りの方は、輸入車の板金をディーラーに出して

きちんと直してもらうのはいかに高いかが分からないと思うので

きっと見積もりを見てドン引くに違いありません。

その金額を見て、人間性が豹変しないことを祈るばかりです。
スポンサーサイト
DSC_0261.jpg

昨年の2月に納車されたFORD FIESTA EcoBoostですが、

無事に10,000km迎えることができました。

1年10,000kmペースでこれからも距離を重ねてきたいと思います。

今のことろトラブルはなしです。

最近、チョコチョコ見かけるようになりました。
DSC_0218.jpg

本日、関東地方も積雪あり。

朝は2~3センチほど積もっておりました。

本日は外出で仕事は直行直帰のためFiestaで

出かけました。


DSC_0215.jpg

新品のicegurd 5も上々な感じです。
P1070849.jpg

スタッツドレスタイヤといえば、BS ブリザックですが、

最近は横浜のアイスガードもいいよと聞きます。

そもそも、そんなに違いはないという話も聞きます。

ということで、ビートルにはブリザックを履かせていますので

Special Priceが出たアイスガードの中でも

一番性能の高いアイスガードをFiestaに奢ってみました。

うちのFiestaは本国では最上級グレードに値しますので

扁平タイヤですが、少し走った感想ですが、静かだなと

いう印象です。


P1070850.jpg

ブリザックに比べて、表面のパターンが少ない気もするのですが

これは積雪時に走ってみないとなんとも言えませんので

また、後日インプレッションしたいと思います。
20150110110720e3.jpg

本日、病み上がりですが

昨年2月に大雪が降ったためディーラーに行き

fiestaのタイヤをスタッドレスにしました。

待っている間、新型のFocusをかして

いただきました。

現行型Focusは残念ながらEcoboostエンジンの

設定は日本にはなく、2ℓ6速ATとなり、

製造もタイになります。

まず、インテリア、エクステリアは

Fiesta譲りのFordキネティックデザインでほぼ同じですが、

ウィンカーレバーはきちんと右側に修正されています。

走りは、そんなに感動はありません。

たんたんとした感じですね。

この辺はデュアルクラッチのFiestaに軍配。

ただし包み込むような大型のシートには

やられちゃいました。

これはFiestaに欲しいですね。

短時間ですが、有意義な試乗でした。

Fordさん、ありがとうございました。
DSC_0167.jpg

納車よりノントラブルで全くブログでの記事の出番がない

FORD FIESTAですが、2014年2月の納車から約9,000km

になりました。

本当に3気筒1ℓエンジンなのか?というくらいの加速と走行性能

高速では、160kmくらいまでは、なんなく到達します。

シートの出来もよく、評判がいいのか、最近街でチラホラ

見かけるようになりました。

個人的には最近日本でも発売になりました、RUNAULTルーテシアの

3気筒5速MTが気になります。

価格も208万です。

トラブルメーカーで実際は乗り出し価格300万円近いVW POLOよりも

ずっと良心的だと思います。

一時期はPEUGEOTに完敗だったRUNAULTもカングーやとんがった

スポーツモデル、面白いキャプチャーなど地道に販売台数を重ね

頑張っていますね。

欧州車、まだまだ楽しい車がたくさんあります。

とかく日本ではサラリーマンが買う欧州車と言えばVWがAUDIかBMW MINIか

って感じですが、仏、伊車も最近はそんなにトラブルという話も聞かないし

選択肢の一つにしてもいいと思うんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。