"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、あまりblogにて毒を吐くのを控えてきましたが、久々に我慢ならねぇ事が発生!!TAGOさん、久々に吐きますよ。

スポンサーサイト
偏頭痛で体調最悪。なので夕飯食べて速攻寝ます。
最近、記事up遅れててすみません。
F1


前から気にはなっていたんですが、最近FIAT Dobloが無性に気になる。Dobloとはイタリア版、ファンカーゴ(それよりもかなり大きいですが)で、Renault Kangooの大ヒットに触発されてFIATが出した車です。

後発だけあってリアガラスがpop upしたり7人モデルもあったりと使い勝手はよさそうです。全幅が広いのが気になりますが。
BlogでLinkさせてもらっている北陸のgensyooさんなんか欲しいのではないでしょうか?

日本では正規輸入されておらず、名古屋の並行輸入屋、オートリーゼンが入れています。価格は約250万円。7人乗りのファミリアーレもあります。近いうちに見に行ってみたいですが、車好きの地元の人の話によると、あまりアフターがよくないらしい。

でも気になる1台です。
今日もまた、関ヶ原のKBオートさんに行きプチホリメン。
先日購入したSONYのポータブルオーディオプレーヤーはなかなか秀逸で、CD20枚分の曲を入れてもまだまだ残りの容量がたくさんあります。

今まではお気に入りのCDをケースに入れて車の中から部屋へ移動していましたが、FMトランスミッターで飛ばせば解決するのでは?と思い、readybugさんでシガーソケットを買い、近くのホームセンターでアルミの板を調達してワンオフでシガーソケット作りました。

作業に熱中していたら、暗くなり、そういうわけで今日は画像はありません。穴もあけることなく出来上がり早速ポイントが貯まっていたヤマダ電機に急行!!速攻FMトランスミッター買って、電波飛ばして楽しんでしまいました。
会社でいろいろありまして、もう魑魅魍魎(ちみもうりょう)とした社内に、マジで嫌気が差し、さっさと帰宅。
今日は、大きなお祭りがあるのですが、ビートルのことでひげビートルさんに電話して結構長い話をしいろいろと参考になり…。

疲れたんで今日は寝ます。
ゼミのお話の続きはまた。
20070511203625


VW発掘の帰りに、いつもBugのメンテナンスでお世話になっている松車さんの紹介で先日初めて訪問させていただいたKBオートさんにお邪魔して、ベンチレーショントリムの交換を済ませました。

あと、自分のBugにはシガーソケットがないので後付けしようと相談し、ブリキ板で次回取り付けることにしました。ついでに7月で満了になる車検についていろいろと相談にのってもらいました。

6月に長期休暇があると思い込んでいた私は、そのときに岡山に寄って不二オートで車検受ければいいやと思っていたんですが、今年度(~6月まで)の長期休暇は取得済だったのをケロっと忘れていました。
というわけで、こちらで車検を受けないといけなくなりました。

KBオートさんは岐阜YANASEに28年お勤めになられ、YANASEにおられた時もリアルタイムで空冷の整備をされていたBさんがされている整備屋さんです。

多分、VWのトレーニングも当時受講されていらっしゃったであろうKさんの言葉には重みと信頼が感じれます。例えば、46さんから聞いていたんですが、テールパイプは指定の長さでクランプでとめないとバックファイヤするとか、その指定数値のスラスラでてくるし、高年式の紙式エアフィルターboxをキャブにバンドでとめる時に、カンカンにみんな止めるけど、そうするとキャブが歪むので駄目とか(事実、自分はカンカン気味にとめていた)、とても勉強になります。

現役当時は、工場に10基リフトがあったそうですが、メルセデスなんか希少でほとんどが空冷VWで整備士で何分でエンジンおろせるか「せーの」で競ったりしていたそうです。
ちなみにBさんは20分でエンジンおろせるそうです。すごい!!

YANASEの人というと、なんか職人気質で近寄りがたいオーラがでているイメージがありますが、とにかくBさんは気さくで優しく、ビートル乗りは好きだから僕で教えれることは何でも教えるよと気さくに言って下さいました。

この車検でエンジン下ろします。外装はともかくエンジンそれから助手席の錆など、かなりお金をかけてリフレッシュを計画しています。
ヒッチについても、即とりつけるつもりはありませんが、ヒッチ取り付けについてもバンパーよりもブラケットが弱く、それを改善する方法をBさんに教えていただきました。心強く、信頼できる整備屋さんは重要です。

発掘探検隊で久しぶりに気分を悪くしましたが、KBオートさんで話し込んでいるうちにすっかり気分がよくなって帰途につきました。
20070511203450


続いては1302です。こちらもとても可哀想な状況。瀕死の重傷です。
こちらは使えるものはステアリング、ガラス、リアのテールレンズASSYぐらいでしょうか。フロントフラッシャーもいけそうです。国道側の左リアガラスはいたずらでしょうか、ガラスは粉々です。

こちらの自動車屋?解体屋?(でも陸運局の名前入り自動車整備業の看板はあった。)も社長さんは鈴鹿の方に所用ででているらしく、使用人の40がらみの整備士さんが1人HONDAの軽トラの納車準備していました。

なんでも、先週も業者と思わしき若い兄ちゃんがやってきて、ガラスが欲しいということでたまたまいた社長さんと話をしたそうですが、丸車じゃないと駄目とかで立ち消えになったらしい。

とりあえず、社長はいついるかわからない、自分も会わないときは2週間くらい会わないという使用人さんの話で埒があかないなと思い、見せていただいたお礼を言ってその場を後にしました。

まぁ、田舎の工場はこんなもんです。
20070511203256

発掘隊2件目の物件です。ここは意外とスムーズに見学許可がおりました。写真には写っていませんが、メルセデス・マスクの1302です。とても可哀想な状況。剣道でいう「メーン」の状態で瀕死の重傷というか、もうご臨終の状態です。シートはオリジナルのチェックシートカバーが色あせて被さっていました。

こちらは、ミラー、ステアリング、リアテールレンズASSYが使えそうです。ホイールは当時モノのATSかな?
いろいろ話を聞いているとこの状態で丸車で8~9万だそうです。
まぁ、邪魔になるからタダでもってけか5,000円、お情けでも10,000円?
自分だったら10,000円もだせないなぁ。

嫌ならいいよみたいな感じでこういうところは言うんですが、まるでゴミ屋敷のような産廃捨て場のような工場ですよ。



20070511142021


続いてサンドビュー。そうこうしていると、兄ちゃんがどこからともなく帰ってきました。これは売り物ですか?と聞くと、分からんと言う。従業員では?と聞くとそうだが分からんという。
どないなっとんねんと切れそうになりましたが、ここは三重の田舎です。我慢がまん。

社長さんは?と聞くと、今日はゴルフで居ないと言う。いつ居るのか聞いても分からないを繰り返し、面倒臭そうにし始めたので、こちらも興味を失い何枚か携帯で写真を撮って2件目の場所に向かうべく、車に戻りました。
20070511141148


先週のこと、仕事で三重県の事業所に行く途中、2件ほど、空冷VWが置かれているというか打ち捨てられている場所を見つけて、即メモ。
今日は1週間ぶりの休みで、三重へLet's go!

1件目は湯ノ山温泉~四日市に抜けるあたり。
とりあえず、近所の郵便局にBugを置いて、徒歩で現場へ。
一応、見せていただく許可を得ようと事務所に行くも無人。勝手にみていいよねと自分に言い聞かせ早速、VWチェック。

気合入りまくっていますね。ボンネットの錆具合がええです。
ホイルキャップはまだいけそうです。バケ6チックですが、ヘッドライトはそのままというなんともヘンテコな感じ。

室内もまぁ押して知るべし。でもミラーも使えそうだし、エンジンも結構きれいな状態です。丸車で10,000円だったら買いかな。
昨日より続く。

当時、赴任地から母校へは高速で2,3時間足らず。
連休ともなれば母校へ足しげく通い、後輩たちと交流する日々が続きました。

しかし、多くても月に一度の活動では、なかなか自分の思いや経験を伝えることはできず、中途半端ななまま幾年もの月日が流れていきました。当時は私の学生時代よりもさらに就職難であり、後輩たちの就職不安は相当なものだったように思います。

活動の中で彼らが一番知りたがっていることは、将来への不安→就職することだということが段々と分かってきました。そして自分なりにできることを考えた結果、「社会人になること」=「働くということ」はどういうことなのかを彼らに伝えていくことではないかということを思い始めました。学生自身の自覚という問題も大きいが、将来への不安について、大学側や教授のフォローが万全ではないということが最大の問題だということも分かりました。

学生たちにアンケートをとってみると、将来への不安の中で自分はどの分野に向いているのか、また具体的に希望する業界や職種が決まっていても、実際の働き方や仕事内容はどのようなものかといった不安やいろんな先輩の話を聞いてみたいという意見が多数を占めました。

上記をふまえ、私は社会人の第一線で活躍している入社20年くらいまでの先輩経験談をゼミ合宿に合わせて開催することにより、さまざまな進路パターンについてじっくり考える機会になるのではないかという仮説を立てました。

そして生まれた試みが「働くということ。」でした。
この企画に賛同し最初から参画してくれたのが、そうGENKI氏でした。

当時、考えた企画の原案は今から考えるとハチャメチャで幼稚で恥ずかしい限りですが、それだけ一生懸命で真っ直ぐでした。もう仮時効でしょう。載せてみます。

「働くということ。」

大学4年生になると、就職部が開催する「就職ガイダンス」が催される。内容は先輩による就職活動体験談や○○人材開発研究所アドバイザーなどを講師に就職についてレクチャーするもの。

嫌でもその場の雰囲気は「シュウショク」へと駆り立てられる…。

少なくとも私たちが学生だった○年前まではそうだった。
それまで考えていなかった「仕事に就くということ」について真剣に考えるきっかけになったかもしれない。

しかし、学生が身近で一番頼りにしている学校との一方通行的なコミュニケーションによってそれらが仕事に就くということについて考えるよいきっかけづくりにはなっていなかったように思う。

社会に出て思ったことは、企業で正社員として働くことは進路の一つにすぎないということだった。学生時代にもう少しさまざまな進路のパターンについてじっくり考える機会があればどれほどよかったことか。

正社員として働く、派遣社員として働く、契約社員として働く。フリーランスとして働く、公務員として働く、NPO職員として働く。いや、思い切って独立する。仲間と一緒に起業する。やってやろう。自分の趣味を仕事にする。挑戦しよう。

いろんな進路モデルがあってもいいじゃないか。

21世紀の若者には、既成概念にとらわれず自由な発想と前向きな意志をもってがんばってもらいたい。

自分がやりたいことを実現する人が増えて欲しい。

今までのような大学主導の就職支援ではなく、学生たちが主体的に考え、行動できるように今、卒業生はここに立ち上がる。


臭い文句がたくさん出てくる、そんな支離滅裂な感じだったけど、何とか思いを伝えたい、そんな気持ちでいっぱいだった。

多分また明日に続く。
今回はごくごく私的な話で内容が飛んだり、古い話も出てきて読みづらいかと存じますが、興味ある方のみ読んでください。

今日は、大学のゼミの一つ上の先輩であるGENKI氏と約1週間ぶりに電話でまた長い話をした。大学在学時私の所属の08生のゼミの勉強合宿に、adviserとして参加いただいたことをきっかけにして、急速に親しくなりGENKI/kubottchiコンビとして現在に至るまで、長い付き合いが続いている。

その長電話の中で今後OBとしてゼミナールにどう関わっていこうという話になり、結局結論は出ませんでした。長い付き合いの中で初めてGENKI氏との方向性の違いがでた瞬間でした。
今まで、自分がよかれと思ってやってきた活動ですが、最近振り返りをして自分なりに分析したら、そうだもないかなぁという気がしてきたのです。

そこでシリアスな話題を書いて読者の皆様には申し訳ないですが、ゼミへの関わりについて一度、活字にしてみて、自分なりに考えてみようと思います。

私は、学生時代にはゼミナールを中心としていろんな事にチャレンジしてきた。具体的には、学内でカフェテラスを運営、ゼミ生で出資して架空の株式会社を設立し大学祭で飲食店を出展して、儲けて株の配当と出したり(もっとも人件費はかかっていないわけだから、儲けはだしやすかったが。)、所属ゼミナール始まって初の海外へ研修旅行実施、ゼミ生を採る際に、指導教授だけで採るだけでなく自分たちでガイダンスをやって採用も自分たちでやるために、地元の有力企業の人事部に直談判して人事についてレクチャーいただきゼミ生を決めたり…。

とても○流大学とは思えない充実した日々+半年に1回は海外旅行に出かける始末。そして、優秀かつ結束力の堅い素晴らしい仲間と指導教授に恵まれてこんなに楽しくていいんだろうかという有意義な4年間を過ごした。

そういうわけで田舎の大学生にしてはexcitingな日々を過ごした自分は自分の経験を自分の言葉で語れるエピソードには事欠かず、超超氷河期と言われた時代に何とか就職が決まり、その学生時代の成功体験とやらを引きずったまま、学生気分の社会人へと突入したのでした。

卒業後も学生気分が抜け出せない自分は、月に一度の帰省の際には必ず研究室に立ち寄り、教授とlunchをご一緒して後輩たちのゼミ授業に同席することを繰り返していました。
少しずつ社会人としての自覚が芽生えてくるうちに、後輩たちのアルバイト中心の大学生活や授業やゼミが面白くないといった話や雰囲気にとてもやりきれない気持ちになっていく自分がいました。

何度目かのゼミ授業同席のときに、私は後輩たちに自分の学生時代の体験や経験、また自分の社会人経験を話したりすることを決心しました。
今の私があるのは学生時代Tゼミに所属し、T先生に指導していただいたり、仲間に支えてもらったことに他なりません。
大学はもちろん最高学府として勉強するところですが、私は将来にわたって影響しあえる友人を得たり、社会に出る前の貴重な4年間しかできない「何か」を実行するためにあるのではないかと思っています。

目的意識・役割意識・問題意識を持っていない後輩達に対して「これはやばいぞ。」という強い思いからまずは定期的に後輩たちのゼミナールに出席して自分の学生時代の体験談を話すところから始めていったのでした。お世話になったゼミナールへ恩返ししたい、そんな思いから…。

このとき22歳後半。一人ぼっちのスタートでした。
多分明日へつづく。
20070506115749

最近、partsを多く注文しているreadybugさんから注文していたものが届きました。GW Specialで安くなっていた純正のベンチレーショントリムアウターとシガーライターソケットです。

純正のベンチレーショントリムは今ついているものが古くプラスチックが劣化しているので交換したかったもの。FLAT4でも2,000円以上するものが1,500円でした。シガーライターは自分のBugにはついていないので、後付けで以前からつけたいと思っていました。

最近忙しくてBugのメンテナンスしていないので、さわりたいなぁ。
短い帰省は無事に終わり、また、岐阜での生活がスタートです。
今日はGW前に注文していたCD、ビートルのパーツ、outdoor用品が一気に届き、嬉しい反面、お財布は寂しい状態に(笑)

また。質素倹約に励みます。
20070504230725


無事に法事を済ませ。広島市内に戻ってきたのは夕方。今日は自宅で久しぶりの家族団らんですが、夕食までに時間があるので市内散策。
ヤマダ電機に寄ろうとしたら、たいして美味くないのにへんくつやの店先に尋常でない行列がぁぁぁぁぁ。
皆さん、お好み焼き行列でした。
他にも、もっとおいしいお店いっぱいあるのに…。

ご苦労様と呟きたくなる一こま。
20070503230438


黄金週間の名古屋バスターミナルはまるでNYかCicagoのバスティーボのような混雑ぶり。東京行きのドリーム青春号は臨時便も出ていましたが、ほぼ、満席。若者から老夫婦、外国人に至るまで、リーズナブルな高速夜行バスは大人気です。

明日は母方の祖父の3回忌。短い帰省です。広島行きは2階建てバスでいつも2階席で揺れて失敗したんで今回は1階席で大正解!23:00名古屋駅バスターミナルを無事に出発。

GWの高速渋滞に巻き込まれなければいいなと思いながらいつのまにかsleepモードに入っていました。
早いものでもう5月。VW Ownerの方々はキャンプに旅行といろいろお出かけされるのでしょうね。自分は仕事で実家に帰省しるだけですが、5月後半に連休があるので、どこかへ行こうかなと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。