"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。



続きましてもC+C music factoryの1994年のナンバーです。ユーロビート全盛だった日本のダンスフロアにヒップホップの波を本格的に持ち込んだ、ダンスユニット、C+Cミュージック・ファクトリー。リードトラック「エヴリバディ・ダンス・ナウ!」は全米1位を獲得しつつ、日本では『元気が出るテレビ』の中の"ダンス甲子園"のテーマとして人気を呼び、アルバムが30万枚のセールスを記録。懐かしい~。
スポンサーサイト





Everybady dance now!!というフレーズで始まるこの曲も知らない人はモグリですね。確かコカコーラか何か飲料のCMで使われて、馴染みの深い曲ですがC+C Music Factoryのものです。懐かしい~。

埋め込みが無効になっているため、曲を再生させるにはダブルクリック!!


トルゥトゥットゥットゥッールで始まるShaniceの1991年のヒット曲。この曲を知らない人はいないでしょう。その後数々のカバーが生まれましたが、やはり原曲が一番ですね。それにしてもShanice若い!!10代じゃないの??永遠のold school名曲ですね~。


USAでセンセーショナルにデビューし、1発屋としてはかなく消えていったテヴィン・キャンベルのスマッシュヒット作「Can we talk」邦題、「君に伝えたいことがある。」です。

この頃は中学生3年くらいだと思いますが、すぐにタワレコに行ってアルバム購入しました。今でも持っています。


今日はold schoolとエロいR&B特集です。春を感じながら、続けて聴いてみてください。
全て最高にいい曲ばかりだと思います。