"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト
西御坊に到着して、いよいよキハ603を見るために一度、紀伊御坊に戻りますが、歩いても行ける距離なので、途中で写真撮影をしながら戻ります。

R0010342_convert_20091202231039.jpg

ヘロヘロな線路。よくこれで走れるなぁ。写真を見ただけでも線路がうねっているのが分かりますよね。

R0010341_convert_20091202230951.jpg

民家の軒先をかすめるようにモッソリと列車は進みます。本数は結構あり、昼間でも1時間に1本は走っています。JRの電車が到着したら御坊を発車するようなダイヤです。

R0010340_convert_20091202230900.jpg

西御坊駅を遠望する。

R0010337_convert_20091202230602.jpg

古い街並みがあちこちに残っています。こんな集落を縫うように走る紀州鉄道のキハ603はこの街並みに溶け込んでいるでしょうね。

R0010339_convert_20091202230805.jpg

遮断機もない踏切…。

R0010338_convert_20091202230654.jpg


ウロウロと撮影をしていたら折り返しのレールバスは無情にも御坊に向けて出発してしまいました。

R0010318_convert_20091202191540.jpg

一緒に乗ってきた鉄なおっさんが一人、レールバスを見送る…。

R0010329_convert_20091202194732.jpg

次の折り返し列車で御坊まで行き、紀州鉄道全線完乗!!たった数分ですが…。それにしても2軸のレールバスの揺れること揺れること。保線状態が悪いのがかなり悪影響ですね。

R0010328_convert_20091202194648.jpg

今度は一気にまた西御坊まで戻ります。朝日で逆光になり見づらいと思いますが、動画をご覧ください。

エンジン音がほとんど聞こえませんが、タンタンという2軸独特のジョイント音は聞こえますね。約8分で終点の西御坊に到着です。
辺りはまだ真っ暗です。私の予想では始発からキハ603は動くと予想していたのですが、あっさりと期待を裏切り、始発は兵庫県は北条鉄道からやってきたキテツ2でした。窓口氏に聞くと西御坊9:41発からキハ603が動くという。こんなに頑張って夜通し走ってきたのに残念ですが、それまでレールバスに乗ったり散策することにしました。

といっても紀州鉄道は日本一短い鉄道で全長は2.7㎞しかありません。全線を歩いてもしれていますし、駅間距離も短いので駅から駅への徒歩移動も可能です。それに何回も乗っても変化に乏しい沿線ですが、回数券を買ってまずは乗ってみることにしました。

R0010313_convert_20091202190129.jpg

御坊の町の中心地でもありこの鉄道の車庫もある紀伊御坊から終点の西御坊に向かいます。列車でも1、2分でしょうか、徒歩でも10分もかかりません。2軸のレールバスはヘロヘロの線路をひだりへみぎへゆっさゆっさと車体を揺らしながら時速35㎞くらいで、すぐに終点の西御坊へ到着しました。

R0010316_convert_20091202191305.jpg

先日の上毛電鉄よりもさらに昭和の香りがプンプン漂う終着駅、西御坊。
R0010317_convert_20091202191447.jpg

こういう場所には必須のおばちゃん駅員がやはり一人…。

R0010315_convert_20091202191200.jpg

現役なのか廃線なのか分からないような駅舎。立派な現役です。
R0010320_convert_20091202191722.jpg

R0010322_convert_20091202191820.jpg

R0010323_convert_20091202191910.jpg

ホームの先でぷっつりと途切れた線路。以前は700m先の日高川まで線路は延びていましたが、部分廃止になり現在は西御坊が終点です。700m廃止でどう効率化されたのは、知る由もりませんが、乗客がたぶんいなかったのでしょう。

R0010319_convert_20091202191636.jpg
こちらは廃線側です。
2:25ただいま帰宅しました。明日も(というか今日も)朝から仕事です。
申し訳ありませんが、またしばらくブログお休みか途切れ途切れなアップになります。
お許しください。
最近、全国B級グルメがはやりですね。富士宮の焼きそばにはじまり厚木のホルモンなど…。栃木には足利市を中心として蒸かしたポテト入りの焼きそばがソウルフードとしてあります。

今は番組終了となってしまいましたが、昨年テレビ朝日の午前の番組で「ちい散歩」のような番組がありまして、足利市にある藤生商店(ふじゅう)というおばあさんが40年以上もやっている駄菓子屋兼焼きそばやが紹介され、3丁目の夕日に出てくるような味のある屋号も出ていないその店構えに、自分の琴線がバチンと触れてしまい、強烈に訪問したくなった思い出があります。

上毛電鉄でデハ101の乗車を楽しんだあと、再び車庫で夕陽を浴びながらデハの撮影をするのも楽しそうだったのですが、栃木の足利なんて、思い立ってもなかなかいけないところなので、挨拶もそこそこに中座させていただき、一路、足利市内へとビートルで急いだのでした。

事前の下調べだと、営業時間は11:00~18:00となっていました、ワーゲンにとりつけてあるGARMINで住所を設定し、目的地への到着時間は17:30、これは渋滞なしの場合ですので、多少ずれるでしょう。土地勘の全くないことろ、果たして18:00までに着けるのか、それとも早じまいをして空振りに終わるのか、不安が脳裏を横切りますが、そこは管理人、ハンドルをにぎり、足利へ…。

DSC00273.jpg

17:45にお店に到着しました。まだ明りのついている店内をそーっと見るとおばあさんが一人後片付けをしている様子でした。悪いなと思いながら、まだ焼きそば食べれるか聞くと、いいですよ、焼きますよという返事があり、中で食べれるか聞くと食べれるよということで、ギリギリあの念願の藤生商店への訪問がかないました。

夕刻で写真が不鮮明ですが、ご勘弁ください。

DSC00274.jpg

年季の入った建物、なんて味があるんでしょう、テレビで見たとおり、屋号もなく、入口入ってすぐにアイスの保冷機が鎮座し、その上に売り物の駄菓子は数点、奥に小さな厨房がありました。

DSC00279.jpg

こんな場所がまだあったなんて…。昭和にタイムスリップです。
おばあさんはここでお店を初めて今年で43年になるそうです。

「よく来たな、まだあいていてよかった、よかった、昨年テレビに出たんだよ、あれはすごかったよ、え、そうかいお兄さんもテレビみたんかい。そーかい、そーかい。まだあいてよかった、もっと早く来ないとねー。」

という具合に、たぶんきっと、そう今日最後の客だからでしょうか、おばあさんはいろいろと話をしてくれました。

DSC00270.jpg

出窓の掃除は特に丁寧にするそうです。お店の看板部分だもんね。
残念ながら管理人のポカでポテト入りにするのを忘れていて、普通の焼きそばになってしまいましたが、この藤生商店の特徴は肉はあらかじめ下ごしらえしていて、甘く煮てあり、通常のソース焼きそばのように麺と一緒にソースで味付けするのではなく、焼きそばをお皿に盛った後、最後に肉を盛り付けるところです。あとは焼きそばに煮汁を足すのも独特です。(煮汁を入れたからといってもんじゃのようにドロドロになることはありません。)

さらに注文方法も独特で、たらふく食べた管理人(本当にお腹いっぱい)でも400円です。400円でそば玉が9つ(といっても通常サイズを9つではありませんが、かなりの量)で最小単位は100円で3つ。それで卵が40円で肉が60円です。例えば予算が400円で肉多めがいいときは、200円分のそば玉に肉200円分と注文すると、肉が山盛り、また、そば100円分に肉300円分でリッチな気分に浸ることができ、材料の多い少ないをお客さんが決めて、自分オリジナルの焼きそばをその都度作ってもらうことができます。これは子供相手の駄菓子屋さん的発想ですね。

DSC00280.jpg

自分はそば300円分、たまご40円、肉60円分にしました。お味は失礼ながらとても駄菓子屋とは思えないほど上品でおいしく、まぁ本格的な焼きそばにはかなわないけど、なるほど肉を売りにしているだけあり、お肉はおいしいです。全体的なバランスがいいというか…。あまり褒めると当ページを見て行かれた方が評価がおかしいといわれるので、あくまでも駄菓子の延長線上にということで…。

でも小腹がすいたときにはもってこいなソウルフードですね。
おばあちゃん、歳は教えてもらえませんでしたが、80歳くらいですか?正月の元旦と2日を休む以外、毎日11:00~18:00まで43年間やっているそうです。今日も11:00から15:00くらいまではぶっ通しで焼きそば焼いていたといいます。

「忙しいときはアイス食うまもね、わたしは仕事が好きなんだ、この仕事が嫌だとは一度も思ったことはいなよ、お客さんに怒られたこともないけど、毎日片づけを終えると、また明日も焼きそば焼きたいなって思うんだよ、」

この一言がずしっと管理人の心に響いたのでした。
あまり長いするとと思いながらも焼きそばを食べ終えた後もおばあちゃんと話をしてしまい、結局お店を出たのは18:45くらいでした。

「またきな。でもいつまでもやれんぇから、はやめに来てね」
というおばあちゃん、店の電話番号を教えてくれ、見送ってくれました。

上毛電鉄といい、この藤生商店のおばあちゃんといい、温かい人情に、しばらく群馬、栃木通いを予感させる一日でした。

DSC00276.jpg
創業当時から、一度も値上げしていないそう。煤けたメニューが郷愁を誘う。

DSC00272.jpg
おばあちゃん、おいしかったよ、また寄るよ、いつまでもお元気で…。
西桐生から約1時間、中央前橋に到着しました。

R0010294_convert_20091123003203.jpg
途中、ちょっとしたハプニングがありましたが(車両の故障ではありません。)道中も録音タイムがあって参加者が一言もしゃべらない場面があったりと、撮り鉄、録り鉄、乗り鉄に配慮されていましたね。

R0010295_convert_20091123003249.jpg
西桐生側と中央前橋側で顔つきが違うデハ101。中央前橋側には、貫通路があります。

R0010296_convert_20091123003347.jpg
残念ながら水面に映えなかったですが、雰囲気出ています。
R0010299_convert_20091123003531.jpg
数十分の停車の後、最初に乗車し、車庫のある大胡に戻ってきました。
まだ17時前だというのに、もう陽がどっぷりと暮れてきました。上州の空っ風とともに急速に温度も下がってきます。

R0010304_convert_20091123003703.jpg
デハ101も今日の出番を終え、車庫でお休みです。

R0010306_convert_20091123003845.jpg

R0010309_convert_20091123003937.jpg
この後、さらに車庫でスチール撮影があったりしたのですが、この後、行きたいことろがあったので中座させていただきました。このような貸切運転を企画されたふじぶさぐみの皆さまの企画力はすごいと思います。突然の申込にもかかわらず、気さくに対応していただきありがとうございました。久々に吊り掛けモーターの音三昧な一日で大変満足かつ有意義な乗り鉄でした。

また、上毛電気鉄道さんの運行に携わった運転手、車掌さんの丁寧な対応とデハ101を大切にされている姿、同行された上役の方のきさくさが印象に残りました。沿線に主だった観光地もなく、大きな町もない上毛電鉄の未来は決して平坦ではないと思いますが、同じような境遇で何一つ経営的な取り組みをせずに消えてしまった野上電鉄と違い、なんとかデハ101等の経営資源を生かしつつ、末長く吊り掛けモーター音を聞かせてくれたらなと思いながら大胡駅を後にしたのでした。
撮影会ののち、いよいよ大胡駅に移動し、約2時間往復の小さな電車旅のスタートです。

R0010276_convert_20091123000610.jpg

大胡から約30分で終点の西桐生に到着です。

R0010279_convert_20091123000723.jpg

mixiなど、いろんな鉄道関連のサイトに告知されていたためか、西桐生駅や沿線にもカメラを構える人もチラホラ…。

R0010282_convert_20091123000839.jpg

西桐生駅は関東の駅100選にも選ばれているモダーンな駅舎が素敵です。

R0010284_convert_20091123001029.jpg

R0010283_convert_20091123000937.jpg

ふじぐさぐみさんの手作り(しかし本格的なもの)のサボを中央前橋行きに変え、こんどは群馬県の県庁所在地のある前橋方面に向けて、古豪はモーター音も高らかに出発!!

R0010281_convert_20091123001816.jpg
気になる写真はクリックして別ウィンドウに

なった写真をさらにクリックすると拡大します。



R0010250_convert_20091122224103.jpg

お久しぶりです。今週は多忙であまりアップできずじまいでした。本日は、群馬県を走る上毛電気鉄道で大人気の昭和3年生まれ、今年で81歳になるという国内でも現役で走行できる電車としては最古といわれるデハ101の貸切走行に行ってきました。

11時過ぎに車庫のある大胡駅に到着。駅員さんに事情を言ってパークアンドライド用の駐車場にビートルを駐車させてもらいました。

R0010239_convert_20091122223331.jpg


R0010227_convert_20091122231856.jpg

デハ101とともに群馬県の有形文化財に指定されている大胡車庫です。黄色い電車と車庫の暗さがいい雰囲気ですね。今回の貸切走行はふじぐさぐみという鉄道好きなグループが企画されたもので、少し前からブログを拝見させてもらっていました。今回、一般からも乗車募集されていたのと、費用が良心的だったこと、一度乗ってみたいと思っていたデハ101の乗車会ということで、申込させていただきました。

R0010230_convert_20091122231319.jpg


管理人が到着したときには電車はまだ車庫内にいましたが、すでに2名のメンバーの方がいらして、最後の準備をされていました。その後、参加者が集まったことろで、上毛電気鉄道の担当の方より挨拶と電車にまつわる説明が一通りあった後、出発まで、車庫から電車を引き出して、撮影会となりました。

写真は3流の管理人ですが、こんな感じです。

R0010270_convert_20091122224307.jpg
天気が心配だった土曜日ですが、絶好の撮影日和となりました。

R0010269_convert_20091122225045.jpg
全景。

R0010268_convert_20091122232048.jpg


R0010264_convert_20091122224413.jpg
運転室。かすかに、ブレーキ弁が見えます。運転席イスは、なんとただの腰掛です。

R0010265_convert_20091122231948.jpg
木のぬくもりを感じされる雰囲気…

R0010258_convert_20091122233319.jpg
カバーをかけて白熱灯っぽい雰囲気に…

R0010259_convert_20091122233407.jpg
この角ばった車体がデハ101が上州の野武士といわれる所以です。

R0010261_convert_20091122233035.jpg
年季が入ります。

R0010240_convert_20091122234542.jpg
味のあるドアスイッチのキーとスイッチ箱…

R0010242_convert_20091122234627.jpg
ホーロー製の非常ドアコックの注意書き

R0010243_convert_20091122234714.jpg
こんなコック、最近の電車にはないですよね。懐かしい…
大学を卒業して約10年、僕の出た大学は名もなきところですが、僕の所属していたゼミは、そんじゃそこらの大学のゼミには負けないくらいいろんなことをして、優秀な仲間がいて、今も尊敬できる素晴らしい恩師にお世話になったゼミナールです。

今でも現役生、卒業生ともに交流はありますし、毎年夏には恩師宅で盛大にBBQをやるのが恒例です。今年は恩師が還暦ということで、OBが中心となり全国からゼミ生が集まって総勢約70名で先生をお祝いするくらい、きょうび数少ない活発なゼミの集まりです。

恩師によると今までに約400人~500人もの卒業生がいるということですが、それだけの人数がいればいろんな人がいます。私は大学生時代から、かなり活動的にゼミに参加していましたが、昨年あたりから急にゼミのOB活動に参加しはじめたOBがいらっしゃいます。

最初の頃は新しく顔を出してくださるニューカマーが増えたなと個人的にも喜んでいたのですが、どうも話を聞いていると、耳が疲れる話が多く、それでもよくよく話を聞いてみると、ひょっとすると、この人ネットワークビジネスをしているのじゃないかと疑いを持つようになりました。

さらに話を聞いていたら、これは間違いなく某ネットワークビジネスに所属している確信に変わりました。そうとなるとみなさんも、うんうんと同意してくださると思いますが、彼の目的は一つしかありませんよね。

ネットワークビジネスは完全否定するつもりはありませんが、やはり完全に安心安全なものは存在しないと個人的には思いますし、ましてはゼミ内でそのような活動をすることは自分の信用を落とすだけでなく社会的常識に欠けると思います。そういうわけで、現役生、OB、特に現役生についてはまだまだ子供ですので、注意がいきわたるように配慮していたのですが、どうやら女性陣を中心に料理教室と称して(これを書いたらどこの団体かばれますが…)自宅に招き最終的に物品を売りつけるということをやっていたようです。(これは女性陣の機転で商品は買わずにすんだ。)

また、離職して転職活動中の後輩OBに一緒にやらないかと勧誘もしていたそうです。本当に最低な輩ですが、そのような男が自慢の私のゼミにいたということについて大変ショックを受けています。
幸い、一人の被害者も出さずに現在に至りますが、最近のゼミ活動に積極的に関わってきていることろを見ると、今後のことが気になります。

景気も悪いですし、はっきり言っていい話があるわけないです。まして僕に言わせれば本業をおろそかにして、副業がきちんといくわけありません。彼を憐れむならば、早いこと夢から目が覚めて、夢見る夢男を卒業し、常識ある社会人として、ゼミの活動に再び参加してほしいと思います。
大変申し訳ございませんが、本日、明日とブログのupはお休みとさせていただきます。
また水曜日から再開の予定です。
いつもお越しいただきありがとうございます。

またのお越しをお待ち申し上げております。
今日は西日本、東日本で別れてワーゲンイベントデーでしたね。
我らがCMCの会長がお世話係をさせれている、三木のイベントぜひとも参加したかったのですが、仕事で残念ながら行けませんでした。

神奈川からだと関西以西まで往復3日はみておかないと、ゆっくりできません。
思えば遠くにきたもんだ(笑)

ブログでリンクさせていただいている67camperさんやKAZUさんのブログでせめて、雰囲気だけでも堪能しようと思います。
全国のバブルカーのみなさんこんばんは(またかよ)。
昨日のことですが、ちょっと用事で日本大通り(横浜)までいき、帰りに本牧のmoonに寄った帰り、対向車線に信号待ちで停まっている、黄色いメッサーがいます。

いやメッサーか?黄色いメッサーなんているのか?メッサーのレプリカのシュミットか?と思い、メッサーを待ち構えてケータイで瞬撮!!なんとか画像にできました。レプリカではなくモノホンだと思いますが、メッサーがとても似合いそうなひげ面の初老紳士が一生懸命運転されていました。

DSC00246.jpg

クリアのドームがたぶん、モノホンの証かなぁと。
morisettaさん、ご覧になられていたら教えてください。
でも、黄色に塗らなくてもいいのに…。

ええなぁ、バブルカー。僕にもバブルが訪れるようにメッサーに向かって祈っておきました。
DSC00249.jpg

ブログでリンクさせていただいている67camperさんに先日good usedな古着(古着といってもほとんど着ていない!!)を送らせていただいたら、長男T君からお礼のはがきが届きましたのでアップさせていただきます。

こだわり親父さんの影響か中学生になった長男T君は、イ●ンのSC内にあるカジュアル専門店でチェイン付きのジーンズが欲しいというくらいファッションに目覚めているというのを聞いた管理人、ちょうど季節の端境で衣替えをやっていて、太ってはけないリーバイスのジーンズとコーデュロイ、やスウェットパーカなど、まだまだ着れそうなものを詰めて送ってあげたのでした。

仕事柄服を畳んだり、梱包するのは楽しい作業で、これがまた南国高知で活躍するのかと思うととてもうれしく思います。まだサイズの大きいものもありましたが、すぐに使えるジャストフィットのものもあったようでよかったです。

DSC00245.jpg

はがきはColemanのADのはがきで演出がニクイっす。将来大物への片鱗をのぞかせますね。
中学生といってもまだまだ成長真っ盛り、すぐに着れなくなる服をいちいち買っていたら親も大変ですもんね。ユニクロもいいけど、やはり子供の頃から「それなりな」ものに接することは悪くないし、子供の頃からモノホン志向な親父のもとで育った管理人は悪い方向へそれが出てしまいましたが、いいものを見分けれるということは、ファストファッションと呼ばれる安易にモノが大量生産されるこんにちでは、大事な事だと思うのは私だけでしょうか?

T君、普段着にガンガン使ってください。
また、掘り出し物出てきたら知らせますね。
37000114628.jpg

当ブログをご覧のみなさんは男性諸君が多いので、柔軟剤のことなんぞ興味ないし、知らないという方が多いでしょう。管理人は一人暮らし歴9年目になります。料理のセンスはダメですが、掃除洗濯は結構得意な方です。シャツのアイロンは自分でもしますし、洗濯はどんなに量が少なくても毎日やります。

よく男性で(最近は女性にも結構いますが)天日干しせずに、室内干しして、完全に乾燥しきっていない服を着用して、俗に言う「雑巾臭い」匂いを発しているひといるじゃないですか!!分かります?分かる人は分かりますよね、そういうのはあり得ないというタイプの人間です。潔癖も入っているかもしれませんが、とにかく生乾きの気持ち悪さとあの「雑巾臭さ」には耐えれません。うちの会社には独身男性たくさんいますが、そういう臭い人が結構いまして困ります。近寄りたくないっす。

なので自分は、必ず天日干しです。そしてダウニーの登場なんですが、柔軟剤を使用した時のあのふんわり感(特にタオルの…)といい匂い、「たまんねー」って変態みたいですが、と・に・か・く柔軟剤大好き人間です。特におススメはダウニーです。アメリカーンな匂いが大好きな管理人は超巨大な1.31ガロン(4.98ℓ)のダウニーを購入しガンガン使っています。

日本のメーカーではライオンの「しわすっきりソフランC」のオレンジのパッケージの製品が一番いいと思いますが、ダウニーには叶わない。よくダウニーはきつくて下品という人がいますが、そうかなぁ?と思います。日本人はキツイ匂いを好まない人が多いからかなと思いますが、最近はメガドンキなんかでてんこ盛りで陳列されていますね。もしこれから買う方がいたらドンキは最近値上げしてきましたからCOSTCOが安くておススメです。通販でも安いところもありますね。
こんばんは。今日は寒いですね。
寒いと言えばオイルです。空冷エンジン用はシングルグレード#30,#40とあって冬は30、夏は40ですが、秋もそろそろ終わり、冬に本格的に入る前に、エンジンオイルチェックしてみませんか?#40に変えるのは今がちょうどチャンスです。管理人が使っているAMALIEオイル試してみませんか?

20091112235254.jpg

空冷ワーゲンに関しては管理人が自ら身銭を切り使っていますので性能に自信あります。オイル漏れが解消された等好評いただいております。メキシコビートルでの実績もあります。

空冷ワーゲン以外のマルチグレード用オイルももちろんラインナップされていますし、当方で手配できます。

興味ある方は、左記メールフォームまでお問い合わせください。


冬にぴったりなJ-POP第2弾です。
マッキーいいですね。
91年当時は小学校6年生?中1?とにかく、音楽に興味を持ち始めた頃でしたね。
シングルCDが音飛びするくらい聞いていた記憶があります。
J-POPを卒業し、中学卒業の頃になると、俄然洋楽に傾倒していくようになります。
20091108204456


管理人の住む町にはおいしいお好み焼き屋さんは私の知る限りありません。
関東に来て困るのは、本当にうまいお好み焼きをたべさせてくれるところがないということです。
それにお好み焼きというのは庶民のフードであって1,000円とか1,200円も出して食べるものではありません。せいぜい700~800円です。高い金を出しておいしい、おいしいといって食べている関東人を見ると本当に切なくなります。家賃が高いので仕方ないと思うのですが、それにしてもお好み焼きで1,000円もとられるなんて関西以西の人間の価値観ではありえないです。

先日のテレビで東武デパートの物産展を作り直した敏腕バイヤーの特集の中でありましたが、本当においしいものはその土地にいかないと食べることができない、ほんとうにいいものは地元で消費されて、残りが外に出て行くんだ…。まさにその通りだと思います。

さて、本当は広島風を作りたかったのですが、時間と手間がかかるので、今日は関西風にしました。僕の関西風はキャベツはできるだけ千切りに近い感じできることです。そうすることで、ふんわり感が倍増します。

お好み粉と卵、キャベツ、紅ショウガ、天かす少々、それと管理人はシーフードが好きなのでエビとイカの切り身を入れてまぜます。その後、スキレットに落とします。すぐに豚の三枚肉を敷き詰めて両面がきつね色になるまで焼いてできあがり。慣れると仕込み込15分で出来上がりです。関東では肉も一緒に混ぜて焼くようですが、やはり上面に敷き詰める方が、カリカリになりおいしいと思います。

20091108210814.jpg

出来上がったら、ソースをたっぷりかけ、お好みで青のりと魚粉をかけて出来上がります。魚粉とは削り粉のことですが、これがこちらでは、探してもありません。納得いくものがないので、実家から送ってもらっています。削り粉のプーンといい匂いがすると懐かしい光景が浮かびますね。

あと、ホットプレートだとやはり火の熱が弱いので、フライパン、欲を言えばLodgeのスキレットのように鉄のフライパンがいいですね。火の持ちもいいし、遠赤外線でふっくら焼きあがります。




こんばんは。今年は暖冬でなかなか寒くなりませんね。
そんな今日は懐かしいJ-POPナンバーをお送りします。
94年…もうそんな昔なのか?と思わせない、寒い夜だからです。
昨日、久しぶりに車の洗車をしたと記しましたが、みなさんはどんなカーケアグッズを使われていますか?管理人はアメリカはシアトルに本社のあるGRIO'S GARAGEの製品を使用しています。少し高い高級なカーケアグッズと言えば、イギリスはオートグリムが有名ですが、このグリオズガレージも負けてはいません。

日本ではおしゃれな車グッズを販売するLE GARAGE(ル・ガラージュ)さんが独占販売していますが、少し前(とはいっても2005年くらいかな?)までは、本国からネットで個人輸入することができました。ある日を境に日本からの個人のオーダーができなくなったのですが、やはりみなさん個人輸入で安く買われたので、日本の代理店であるLE GARAGEの当該製品の売上がよくなかったんでしょう。

しかし、前もって個人の注文受付中止のアナウンスがされていたので、管理人はよく使うものに関してはガロンで大人買いして現在に至ります。

このGRIO'S GARAGEで一番いいのはやはり匂いです、とにかく全ての製品の匂いがアメリカーンないい匂いで、洗車するにしても、ワックスをかけるにしてもとてもいい気分で作業できます。製品の品質も素晴らしいです。とくにおススメなのがカーシャンプーです。

car-wash1gal.jpg

とにかく頑固な汚れも完ぺきにおとしてくれます。オートバックスやホームセンターで売られている製品で満足されている方には一度おススメします。汚れがとれすぎて、泡が真っ黒になること請け合いです!!。

その後はたいていスピードシャインで仕上げます。

speed-shine1gal.jpg

これはFLAT4でよくpushしていると同じような製品で、スプレーでボディに吹きかけ、あとは布でふき取るとワックス効果でピカピカになるというものです。

本格的に仕上げたいときはワックスを使いますが、このワックスが非常に伸びもよく、しかもふき取りも簡単で跡が残ることもほとんどありません。

best-of-show-wax16.jpg

日本ではオートグリムに比べ、マイナーなグリオズガレージですが、管理人は以前から使っていますし、非常に気に入っています。次回洗車のときに少し高いけど、グリオズの製品で愛車をメンテナンスするといっそう輝きが増すと思いますよ。

①GRIO'S GARAGE(本国サイト)はこちらから→http://www.griotsgarage.com/
②LE GARAGEのウェブサイトはこちらから→http://www.legarage.jp/
③PRIDE&JOYのウェブサイトはこちらから→http://www.webpj.net/
20091108180915


今日は仕事休みでした。恥ずかしながら2カ月ぶりにワーゲンの洗車を行いました。
旧車、とくにワーゲンはあまり洗わない方がいいという人もいますが、錆が出てくるのは仕方ないことです。僕の場合は露天駐車ですし、定期的に洗い、雨の日走行の次の休みの晴天には、湿気飛ばしドライブをなるべくしています。

もう30年以上前の車なんで、痛むのは仕方ないです。世界に何台しかないような貴重な車ならいざしらず、ビートルなんて所詮は大衆車でしかありません。66年式のセダンをデイリードライバーにしている67camperさんのように毎日乗ってナンボ、壊れたら、痛んだら直せばいいんです。

僕もワーゲンとはそういうスタンスで接しています。
いつもご覧いただきありがとうございます。
うちのblogって閲覧数が多い日が決まっていまして、なぜか日曜日と月曜日の閲覧数が増えます。

しかし、アクセスカウンターを見てもらうとわかるのですが、最近平日のアクセス数が増えています。とくに何も対策していないのですが、アクセスしたキーワード見てもとくに突出したものはありません。

blogの題名の通りslowな感じでいきたいと思います。
とりあえずこの調子だとうまくいけば年内には40,000アクセスいきそうかな。
ワーゲンネタあり、ほかの車ネタあり、そうこうすれば鉄道ネタあり、グルメネタありと、支離滅裂な内容ですが、また時々のぞいてやってください。


全国のバブルカーファンのみなさま、こんばんは。
バブルカー大好きの管理人ですが、Isettaやメッサー以外にもハインケルなど、いろんなバブルカーが過去生産されてきました。しかしそれをはるかに凌ぐ世界一小さな車、それがpeel P50です。イギリスのバイクレースで有名なマン島にあるピールエンジニアリングという会社が、60年代初頭に製造したマイクロカーで、大量製造された中では最小の自動車とされています。

長さは134センチ、幅は99センチ。重さは59キログラム。排気量は49cc。最高速度は61キロ。な、なんとリバースギアは付いておらず、後退したいときはタイヤを軸にして持ち上げて手で回すそうです。ウィンカーもなく、手信号、いわゆるハンドシグナルで後続車等に方向指示を知らせます。

なんじゃこれ。右左折するときどうすすんだろう。ハンドル回す、ギアチェンするー、手を出すー…無理です。

外観もファニーですが、構造もファニーですね、Mr.ビーンに出ていた3輪のリライアントも結構おかしな3輪自動車だと思いましたが、この車を見るとリライアントなんてまともですね。

でも、衝突安全性はゼロだと思うので、事故にあったら即死を覚悟しないといけません。英国では公道を走ることができるようで、英国は旧いものには非常に寛大な国で旧車は税金も安いし、エンスー人は英国に住むと最高ですね。

Peel p50は一人乗りですが、動画の後半に出てくるトライデントという車は二人乗りです。一度でいいから乗ってみたいですね。

ちなみにMrビーンに出てくるReliant Robinの動画2本立て続けにどうぞ!!
くだらなさすぎて面白い。





Mrビーンの中でリライアントは必ずいじめられ役でかつ3ホイラーなのでこけるんです。
かわいそうだけど…。
ちなみに高年式のRobinはこんな感じです。



かなり前のカーマガジンで生産終了間近のReliantの工場訪問記がかなりのページを割いて紹介されていました。僕もその号持っていますが、今手元になく、確かな記憶もないため、リライアントロビンについては、またいつの日かご紹介したいと思います。

ちなみにこのリライアントは現在は新車では買えません。会社清算(破産といったほうがいい)後、何度か好事家の手で再起を図りましたが、会社としては現存しません。しかしイギリスでは人気があるようですね。


Babyfceの懐かしいナンバーですね。某北陸のワーゲンショップの社長さんは大好きでしたよね。
mid90'sには大物シンガーのプロデュースをかなり手がけていたと思うのですが、21世紀に入りすっかり姿を現さなくなりましたけど元気なんでしょうか?

もうプロデュースしなくても左団扇なんでしょうね…。
img2009102913014220333400.jpg

今日、本屋に行くとまたこんな本が出ていました。ダメだダメだ買っちゃダメだ、また焼き増しだぞ…という神様のお達しが出ているにもかかわらず、手は本をとり、レジに…三栄書房さんに2,000円寄付してしまいました。N社のものよりは出来はいいと思います。

「ワーゲンバス」
2009年10月刊
発行:三栄書房
定価:2,000円
ISBN:9784779607752
main_image.jpg

いよいよ11月27日から販売が開始されるコールマンシーズンズランタン。シルエットが公開されていました。自分はCCC会員なので会員向けに先行発売される200個購入の申込権利あるのですが、写真を見てがっかり…。正直…。

とにかく26,250円という価格に納得がいきません。みなさん同じような気持ちになったのではないでしょうか?オフシーズンになんとか売上を確保したいというのはわからないではないのですが、これに価値を見いだせる人がどれくらいいるのかわかりません。病気な人はいちもにもなく購入するのでしょうが、自分は今回もパスしようかなと思います。

ケース単体販売があるのであれば買いたいですけどね…。
20世紀の終わりごろまで、和歌山県の南部には浮世離れした鉄道が残っていました。戦前の阪神や阪急の電車を走らせていて、最後はずさんな経営で国から補助金を打ち切られ廃線のみならず会社解散となってしまった野上電気鉄道(会社解散のためウェブサイトはありません。)、ミカンで有名な有田市にあった有田鉄道(社名に「鉄道」が入っていますが、現在はもちろん鉄道事業は行っておらずバス専業にて盛業中)、最後は列車が走るのは一日2往復であとはバス運行、しかも日曜・祝日は列車は1本も走らないという変わり種、これも廃止になりました。

そして残りは今日ご紹介する紀州鉄道です。
20060331-27.jpg

もともとは御坊臨海鉄道という名前でしたが、経営危機になり、鉄道会社としての名前を欲していた東京の不動産会社に買い取られ、紀州鉄道となりました。紀州鉄道はホテル事業がメインで、鉄道事業は「おまけ」のような存在です。この鉄道は全国2位の短さの鉄道で営業距離は2.7㎞しかありません。

ここの名物はキハ603といって、かつて大分の大分交通で活躍していた旧いディーゼルカーを大事に走らせていることです。しかし、老朽化が激しくなり、部品も特注で車検と車両の修繕に数千万円の費用がかかるということで、つい先日の10月25日をもって営業運転を終了しました。自分は野上電気鉄道は現役時代乗ったことがありますが、今はなき有田鉄道や紀州鉄道には未乗です。

まだまだキハ603も大丈夫だと思っていたのですが、管理人の情報不足で引退の情報をキャッチしたのは最終走行後でした。10月25日というと、頸城鉄道の復活運転に行っていた日でしたね。うっかりしていました。



そのキハ603ですが、32年ぶりに御坊市で復活されるお祭りで最後運行され、引退式を行うという情報を得ましたが、さきほど主催者の御坊商工会議所のサイトを見ると11月29日に最後の運行がされることが決定したようです。これはなんとしても行かなければいけません。

和歌山県南部は非常に行くのに時間がかかりますが、スケジュール調整していきたいと思います。それにしても昭和30年代の製造された車両の廃車や引退が多いですね。製造から50年たつとさすがに寿命かと思いますが、旧いSLもレストアして頑張っていることだし、なんとか英国みたいに鉄道好きな金持ちのパトロンが現れて保存活動をして欲しいですね。

注)紀州鉄道は廃止になるわけではありません。

キハ603が老朽化に伴い引退するだけです。


<参照>
①紀州鉄道のウェブサイト
http://www.kitetsu.co.jp/70th1.htm
②商工祭のブログ(キハ603運行決定の案内があります)
http://gobo.seesaa.net/article/131832787.html
③御坊商工会議所 商工祭のページ
http://www.gobo-cci.or.jp/matsuri.html
おはようございます。
コメントについてですが、迷惑コメント対策で、一時管理人承認後コメントを表示する方法をとらせていただきましたが、本日より画像認証を取り入れましたので、今後は従来通り即時コメントが反映されます。

以前と比べ、ひと手間おかけすることになり、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
今日からいよいよ11月です。今月最初の遠出はJR東海が飯田線の中部天竜で引退した車両を展示していた佐久間レールパークが、本日で閉園になるため、最初で最後の訪問を済ませてきました。本来は王滝村の公民館祭りに参加の予定でしたが、中止となり、急きょこちらに行くことにしました。

朝7時に家を出て、東名高速を豊川インターでおり、日本三大稲荷でもある豊川稲荷の最寄り駅、豊川から飯田線の臨時列車「快速佐久間レールパークフィナーレ号」に乗るため、市営駐車場にビートルをとめて、ぎりぎり間に合いました。駅員さん曰く、相当な人出だそうで、そういえば今朝の日経新聞にも記事が掲載されていました。アドバイスに従い、往復乗車券を購入。中部天竜に向けて出発。

R0010216_convert_20091101232419.jpg

豊川から約1時間で中部天竜に到着しました。

R0010215_convert_20091101233128.jpg

豊川駅の駅員さんのアドバイスを聞いていてよかったです。入場制限がかかるほどの人です。山間の小さな駅にこれでもかというくらいの人が来ています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。