"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんは。
とってもバタバタしております。
更新できていません。
ごめんなさい。。。
スポンサーサイト
こんばんは。GO OUTのイベントから帰り、週明けから俄然仕事が忙しくなりブログおろそかになりました。
そうこうするうちにアクセス50,000を迎えてしまいました。
いつもご覧いただいている方、通りすがりの方、ほんとうにありがとうございます。

やっとおいうか、もう、というか、管理人的には毎日100くらいいくといいなと思うのですが、
マニアックなブログですので、好きな人が好きな時に好きなだけ見ていただくのがいいのかなと思います。

最近意欲も昔ほどではなく、更新が途切れたりしますが、ボチボチやっていきますので、今後とも
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

以前から告知していましたアウトドア雑誌「GO OUT」主催のキャンプが富士山のふもと朝霧高原にあるふもとっぱらキャンプ場で行われました。自分は土曜日にしか休みがとれないので日帰りです。CMC琵琶湖キャンプでキャンプデビューした大阪のたかぱし夫妻を誘ったら、こちらは大阪から泊まりで参加するというのでカエル色2台で参加することにしました。

前夜は遅くまで仕事の管理人。ほとんど準備らしい準備もできず6:30に出発。9時前に集合場所の道の駅に到着です。
快晴、昨年、四国より出張で来られた67camperさんとともに山中湖に行った際には残念ながら天候が悪く富士山は見えませんでしたが、今日はバッチリです。

moblog_74973936.jpg

しばし歓談ののち会場であるふもとっぱらキャンプ場に到着。早速広いキャンプ場の邪魔になりそうにないとことに設営です。

R0010633_convert_20100517135530.jpg

R0010634_convert_20100517140138.jpg

ご覧のように富士山ばっちり見えます。

moblog_00f1d9e0.jpg

アップ写真

R0010629_convert_20100517140011.jpg

今日は200Aを2台持ってきましたが、バックに富士山

R0010636_convert_20100517135700.jpg

ワーゲンも富士山をバックにとマウントフジずくしです。

moblog_80071a0a.jpg

だんだんと昼前くらいにはどどっと一気に台数が増え、15時くらいまでにだいたい参加者は300人くらいでしょうか?若者が多いのかなと思いましたが、団塊世代の老夫婦あり、ファミリーあり、サークル風あり、カップルあり、単独参加ありといろんな参加形態を見かけました。旧車はわれわれのワーゲンのほかにビートルが1台、バスが2台、なぜかチンク(FIAT500)が1台と旧いタテ目のメルセデスが1台とネオクラッシックなSLが1台、あとはラングラー改造軍団が…。輸入車比率は低いですね。

僕の予想では、バリっと装備もきめて、高級テントなんかが何張も並ぶような光景を想像していたのですが、意外とみんな装備は貧弱なんですね。テントはコールマン比率低めですがそれでも結構いました。やっぱりファッション系のアウトドア雑誌だけあって今はやりの山ガール系、男もそんな感じ…。ヴィンテージコールマン持っている人は自分が見た限りでは一人もおらず…。ワーゲンも特に人気ないのか…と思いきや、意外とみなさん写真撮って行かれます。

やはりあの派手なグリーン2台が停まれば目立ちますね。

moblog_e6244fe5.jpg

こちらはメーカーブース、最新のテントがいろいろ展示されています。おしゃれ系のメーカーのテントブースもずらり…。しかしB級品やサンプル、カスな商品ばかりでまったく商売する気なし、自分も全く買う気なし。コールマンブースもありましたね。

山の夕暮れは早く来ますので、うちらは17時にはランタンに灯をともし、焚き火の用意もして夕食の準備。みなさん結構マナーいいですね、しかしまっ暗になっても明るいのはうちのサイトだけ、みなさん明りないの?見たら電池ランタンが多いですね。やっぱり装備よりもファッションにお金をかけるんですね。

R0010647_convert_20100517135927.jpg

管理人達のサイトはほんとうに会場の隅だったのですが、ワーゲン撮ってもいいですかと結構声かけられまして、そういうの結構うれしいですね。やっぱり。たかぱし夫妻もはるばる大阪から来た甲斐があるくらい、きれいな富士山を見ることもできたし、たくさんおしゃべりもできたし、特になにもしなかっけど、日ごろ忙しい管理人にとっては何もしないことはとても贅沢な時間でした。

次の日仕事ということもあり、小雨も降りだしてきて一気にたかぱし夫妻に手伝ってもらって撤収し、20:45に会場を後にしました。23時自宅着。なかなか有意義な一日でした。遠くから参加のたかぱしさん今度は僕が関西に行きますからね。

あと最後にこのイベントの問題点を2,3…

①参加費ぼりすぎ。
まずは、参加費が高すぎます。日帰り2000円+駐車場1000円、宿泊4000円+1000円これは1台の値段かと思いましたが、なんと一人の値段です。日帰りの僕の3000円はまだ我慢できるにしても、たかぱし夫妻なんか9,000円も払って参加賞もなにもなしです。普通、ワーゲンイベントでもこれくらいの高いフィーを払いなら何らかのステッカーやピンズなんかがつくものですが、何もなし。はっきり言ってボッタクリですね。こんな法外な値段を堂々と告知しているところなんかオレオレ詐欺よりタチが悪い。雑誌のイベントであれば、読者謝恩も兼ねているし、今まで購読してこなかった人へのアピールも兼ねているんだから、リーズナブルな設定にするのは普通だと思います。まぁ、イベント会社が1枚噛んでいるようだからかもしれませんが…。

②トイレをなんとかしてくれ。
トイレはキャンプ場のトイレ1か所のみです。案の定食事時間帯の時以外にも女子用は長蛇の列。大は3、小は2しかありません、”回転率”の速い男子用も列ができています。パンフレットにはトイレが少なく行列になるから気をつけてねって書いてありますけど、バカ丸出しですね。4回目なのに前回の反省が全く生かされていないのでしょうか?あれだけ高い参加費をとっているのであれば簡易トイレをレンタルするのが常識です。いろんな人が来るイベントなんですから万難を排することは基本の「キ」です。レベルの低いスタッフが運営に携わっているのは明白ですね。反省会という名の飲み会をするなら、もっと参加者のことを考えたほうがいいのではないでしょうか?

③日帰り参加者への配慮をせよ。
日帰り参加者はキャンプ道具を置いた後、専用駐車場に車を駐車させないといけません。たくさんの参加者の間を縫って出入りしないといけないので、日帰り参加者は専用駐車場にというのも理解できますが、やはりサイトのそばに車は置いておきたいものです。しかも宿泊者も後日たかぱしさんから聞いたのですが、翌日も12:00までは出れなかったそうです。各人で予定もあるし、帰る場所も遠い、近いバラバラなので、そのあたりも考慮あればさらにいいですね。

と、いろいろ書きましたが、天候もよく富士山もばっちり見れて、楽しい一日でした。
また次回は秋にあるそうですが、その時にせめてトイレの問題だけは解決してほしいです。



雑誌GO OUTのキャンプイベントがいよいよ週末に迫りました。

ローソンのロッピィでチケットを初めて買いました。

とてもスムーズですね、発券まで・・・・。

そんなことをいう時点でもうオッサンかも、いやオッサンっす。

平均年齢がきっと若いであろうこのイベントにアラサー管理人

参加します。

日帰りですが、今回はガンガン道具持って行きます。

気温が土曜日までかなり低く会場となる朝霧高原は5度くらいまで

下がるようです。

真冬の体制で行きます。

キャタリテックヒーターも持って行こうかなー。

焚き火台は持って行きます。

湘南ナンバーの抹茶っぽいおいしい色のワーゲンが2台

停まっていたら管理人のサイトです。

おもてなしはできませんが、気軽に声をかけてくださいね。

GO OUTの編集部の方、ワーゲンでキャンプチーム取材してください!!
最近、トミカが熱い。この動画どうやって作っているんでしょうか?

素晴らしい。動作と音のマッチングがパーフェクト。








今日は仕事でしたが、一人従業員が退職された影響で、長時間労働していましたので、15時で仕事を切り上げ、なんとなく、新しいカーナビと一緒に運転したくて、静岡まで行ってみました。僕の場合、ちょっとドライブは200キロなので、今日はちょっと行きすぎたけど、磐田のららぽーとでいろいろ視察。。。アウトレット勉強になります。世の中トレンドはほんとよく変わっています。

話はそれますが、最近節約疲れか高額品が動くようになってきているようですね。天気もよく気温も暑からずで最高のドライブ日よりでした。そんな日はこんな曲の気分です。



今週末はGO OUTのキャンプ企画でとまろっとに日帰りですが、たかぱし夫妻(こちらは泊まり)と行ってきます。そんで22日~23日は友人の誘いで、都下で大学生たちとチームビルディングを兼ねたキャンプにも行きます。5月はなにかとアウトドアマンスリーな感じです。

今週も1週間乗りきるぜ!!



約2年間日本全国を案内してくれた、ガーミンとさようならすることになりました。僕のガーミンはKTM先生のワーゲンに嫁ぐことになりました。ポータブルナビとして革命とまでは言い過ぎだけど、日本でのポータブルナビのヒットの先陣をつけたガーミンは素晴らしいナビでした。

コンパクト、携帯性もよくしかも使い方をマスターすれば自分なりにカスタマイズできる合理性はジャパニーズメーカーにはない優位性だと思います。しかし全国各地をワーゲンで行脚する管理人にとって使えば使うほどVICS,つまり渋滞情報が付属されていないことと、地図の詳細がきめ細かくないことがだんだんと不満になってきました。

いろいろと打開策を探りましたが、ここは一度日本のメーカーのポータブルナビも経験してみようと思い、最終的にパナソニックのストラーダポケットになりました。結果は…満点大笑い…ではありませんが、上記の不満が解消され大満足です。

しかし、お気に入りの地点を登録する際に、ユーザーの希望名で登録できないし、ガーミンではできて、ストラーダではできないこともあります。それはそのナビがメインで使われている国の使われ方や思想によるので仕方ないと思いますが、ガーミンの合理性とストラーダの決め細やかさが合わさったナビがでてくれば最高なんですが…それはわがままな望みなのでしょうか?

とにかく安くしてもらったのですが、ガーミンの倍の値段ですので、しばらくはストラーダさんに全国を案内してもらおうと思います。67camperさん、ストラーダもおススメです。
僕の所有車フォルクスワーゲンタイプⅠことビートルですが、

人はカブトムシやカブト、ビートル、ワーゲンといろいろ

呼びますが、僕はワーゲンっていう呼び方が好きです。

そのワーゲンですが、今年でたぶん8年目になると思います。

”ワーゲン”にお乗りの諸先輩方に比べればまだまだひよっこ

ですが、ワーゲン好きの度合いに関しては先輩方にも

引けをとらないと思っています。

ワーゲンについて興味を持ち始めたのは、過去にも書きましたが

今日は、不思議な縁をとりもつ乗り物、ワーゲンについて

また別の物語についてお話しようと思います。

岐阜時代に、たまたま信号待ちで停まっていた車線を横切っていく

老夫婦の乗ったワーゲンに出会って、そのワーゲンと老夫婦の

爽快さが僕の心を掴んで離さず、瞬間的な出来事でしたが、

信号が青に変わると同時に、僕はステアリングを老夫婦が

去って行った方角に切っていたのでした。

全速力で追いつこうとしたのですが、そのワーゲンは交差点を曲がると

すぐにある1軒の大きな家に入って行きました。

すぐに上品な初老な紳士が目に飛び込んできたのですが、声をかけようと

したのですがしかし、その凛としたオーラがこちらにも伝わってくる感じで

声をかけるのを一瞬憚られましたが、思い切って「ワーゲン見せてください」

というとおじいさんは、「あぁ」と言ってパーキングのゲートを再びあけて

くれました。

それがS先生との出会いでした。

S先生は元校長先生で、自動車免許を取得して以来、ワーゲンしか乗ったこと

ないこと、周囲に何度もワーゲンやめろと言われてもワーゲンを廃車にするのが

可哀そうで可哀そうで今までずっと所有していること、ワーゲン購入までの

話や、当時のセールスマンの名前までスラスラと出てきて、これが真の

ワンオーナーなんだなということを思わずにはいられない貴重な時間を

過ごしたのでした。

それからS先生のお宅には2度ほどお邪魔させていただきました。

時は流れ、岐阜を離れて2年、先日のCMC琵琶湖キャンプの行きに、

2年ぶりにS先生宅を通っていました。

もしかして…と思いましたが、もみじマークを張り付けた先生の1303Sは

その場所に停まっていたのでした。

2年ぶりの訪問でなんと切り出したいいのか分からず、1度目は屋敷の前を

通過してしまいました。

しかし、どうしてもあの1303が忘れられず今日ここに来たのを思い出し、

ふたたび、引き返してインターホンを押したのでした。

2度目のチャイムの音で、記憶に残っていた声がインターホン越しに…

S先生でした。

これこれしかじかでと話すと、「あっ、いつかの君か!ちょっと待って!」

と思いがけず、すぐに玄関先まで出てきてくれました。

まずは長い間の音信不通を詫びて、今は転勤で神奈川にいることと

近況報告をしました。

S先生も当時、僕との出会いはとても電撃的だったようで、僕以上に

覚えていらっしゃって、とてもうれしかったというとこをおっしゃって

おられました。

数年前、白内障を患い、手術をしたのだが、現在左目がほとんど見えない

こと、故にワーゲンも最近は昼間に近所に奥さんと買い物に行くときに

ちょこっとのるだけだということをでした。

僕は思い切って話を切り出しました。

あの日以来、先生の1303Sを忘れたことは1度もないこと、僕にとって

今は新車で買えない空冷ワーゲンをもしよかったら先生から

引き継いでそのままで乗り継がせてほしいことを正直に話しました。

しばし先生も考え込んでいましたが、いますぐに譲ることはできないし

100%約束はできないが、もしそうなったら●●●君に連絡するよ。

君は「ワーゲンキチガイ」だからね。

君のワーゲン好きには僕も脱帽だよ。

と笑って話してくださいました。

ちょうど外出先から戻られた奥様ともお会いでき、久々の再会を

3人で噛みしめながら、奥様の方が●●●君だったら、絶対に大事に

乗ってくれると思うからね、お父さん…

と助け舟も出してくださりました。

数年後、僕のところに本当にやってくるのかどうか、それはまだ

分かりませんが、嘘のような本当の話は、何も僕に限ったことはなく

ワーゲンに乗っていると、絶対に出会えないような人と出会えたり

不思議な縁を運んできたりします。

願わくば、将来の僕の奥さんをワーゲンがとりもってくれれば

それはそれは最高にhappyなことなんでしょうけど、

それにしても僕はなぜか、人には恵まれている、そう思わずには

いられない、嘘のような本当のワーゲン話でした。
今日は、リッツカールトンなどに出店もしている某有名花店に

勤めている後輩に母の日の花の依頼をするために、都内に出かけました。

いつもなら横浜に出るのですが、今日は藤沢に出てから東海道線で東京に…。

小田急で藤沢に着いて連絡口を通らずに一度改札を出たら

ハンドマイクとともになんじゃこら状態の行列が…。

何かイベントでもやっているのかなと思ったら、な、なんと

江ノ電の乗車待ちの列でした。

ディズニーランドのアトラクション以上の列でびっくり。

江ノ電は単線でしかも車両も4両が最大編成なので、

ざっと見、1時間待ち、いやそれ以上待ちの様相。

そんなに鎌倉がいいのか??と思うのは車で飛ばせば30分も

あれば湘南に出れるところに住んでいる住民の贅沢か??

moblog_f57909d0.jpg

といことで、夕方に帰宅し、珍しく1週間もワーゲンに乗っていなかったので

江の島に行こうと思い、ワーゲンで夜の江の島に…。

時間も遅かったので、渋滞もなく、それはもう普段の夜の江の島の感じでした。

moblog_ab4e67ba.jpg

鉄な管理人としては江ノ電の併用軌道を通らないと気が済まないので

帰り道併用軌道を通ったのですが、またしても電車は来ず

電車とのショットは空振りに終わりましたが、

moblog_ac59f417.jpg

ワーゲンの三角窓から吹き込む潮の香りをかぎながら

トコトコと海沿いを走るのはやっぱり最高ですし、

湘南はニッポンで空冷ワーゲンが似合う街の一つだと改めて思いました。
GWいかがお過ごしでしょうか?

管理人は仕事でGWは明日のみ休みです。

明日は晴れなので、都内に出てみようと思います。

しまんとイベントはどうだったのでしょうか?

67camperさん、レポート楽しみにしています


5月になりました。なかなか忙しくて真面目に更新できておりません。

5月1発目はおさわがせの1発屋にきっとなるであろうkeshaのナンバーで

景気よくはじまりたいと思います。

皆さんは。どんなGWをお過ごしですか?

管理人は仕事でっす。

グッナイ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。