"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。


人にはそれぞれその年代において、

生き方、趣味、価値観etc…

影響を受けた人物、書物、いろいろあると思います。

青年時に受けた影響というのは、

その人にとってその後の人生に

大きく影響することもあります。

僕も場合、アウトドアやへヴィデューティに影響されたのは

雑誌の影響でもあるし、

海外に興味をもったのはGQやEsquireだったかもしれません。

音楽に関しては、洋楽に特に傾注し始める

きっかけとなったのは

このJANETの1993年のヒット曲でした。

この曲はいまでも交流のあるH女史が彼女が所有していた

黄色い"ユーノス"ロードスターの中で流していて

とても印象に残って耳からずっと離れず、

すぐに当時広島市内…まだパルコではなく、

袋町の雑居ビルの2階にあった

TOWER RECORDSにすぐに

買いに行ったことを鮮明に覚えています。

当時、高校生だった僕は20代後半で美人で、

オープンカーを乗り回すH女史がもう憧れでした。

もうとにかくメチャクチャかっこよく、その後、

僕が全く興味のなかった車にものめり込むきっかけを

作ってくれた一人でした。

先日、ボージョレヌーボーをお土産に

目黒に住むH女史を訪ねました。

いつも昔話になるのですが、

あの頃は私も○○君も若かったよねー

そして、思いっきり生意気だったわよねー

とか話しながら、いつも僕も

このJANETの話をするのでした。

そんなH女史も4○歳、4人の子供のお母さんです。

高校生だった僕ももうアラサーです。

人生に影響しあえるような人との出会い、

僕は若い頃にけっこう経験しています。

そんな方達といまでもこうやって交流があるのは、

僕にとってかけがえのない財産であり、自慢です。
スポンサーサイト