"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
かつて西のナローゲージの雄として名を馳せ、

鉄道事業廃止後は、名前は井笠鉄道そのままに、バス専業として

広島県の東部地区と岡山県を中心にバスを走らせていた井笠鉄道が

10月31日にバス事業を終了するようです。

衝撃的ニュースです。

会社自体も清算される予定で、これで名門、井笠鉄道の名も永遠に

なくなります。

また一つ、ナローの歴史が完全になくなるのは寂しいことです。


以下、帝国データバンクの速報ニュースを添付しておきます。

井笠鉄道(株)(資本金1億5000万円、笠岡市笠岡5595-1、代表関藤篤志氏)は、
10月12日に債務整理を森倫洋弁護士(港区赤坂1-12-32、電話03-5562-8500)に一任し、
10月31日に事業を停止することを記者会見にて発表した。

当社は、1911年(明治44年)7月に設立した老舗の旅客自動車運送業者。
もともと鉄道事業を主業としていたが、1971年に撤退、バス専業となっていた。
岡山県西部から広島県東部地区までをカバーする定期路線を運行。
地元では「井笠バス」の名称で親しまれ、地域の足として生活路線を担う一方、
貸し切りバスの運行のほか一部不動産賃貸事業も手がけて、
2003年3月期は年収入高約14億5400万円をあげていた。

しかし、マイカー通勤の増加や路線地域の過疎化などが進むなか、
運行地域での鉄道開通などもあって乗客数は大幅に減少していた。
このため、赤字路線の統廃合や遊休資産売却、経営多角化などの対応をとってきたが、
中小業者の参入が相次いで低運賃化による競争が激化、収入高の減少に歯止めがかからず、
2012年3月期の年収入高は約9億円に落ち込み、燃料価格の高騰もあって大幅な赤字を計上していた。
その後も不採算路線の廃止などリストラを進めたものの、借入金負担が資金繰りを圧迫する状況が続き、
乗客数が増える見通しも立たないことから、事業の継続を断念した。
10月31日に71路線の運行を停止することを決定し、うち主要路線を11月1日より同業他社に引き継ぐことを検討し、近日中に決定する見通しとしている。

負債は2012年3月期末で約32億3600円の見込み。
スポンサーサイト