"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
日本における車雑誌の草分け的存在、カーグラフィック(以下CG)。

そのCGをここまで育て上げた功労者でもあり、

世界的に見ても車業界に影響力を与えてきたであろう

小林彰太郎氏がお亡くなりになりました。


4910049510148.jpg

僕がCGを読み始めたのは高校生のときですが、

他の雑誌とは一線を画す長期レポートや、ジャイアントテストなど、

メーカーからお金はもらっているだろうけど、

車のよさ、ダメな点を読者に伝えようとする努力は

とても共感を得たのを覚えています。

そして僕が、輸入車に興味を持つきっかけとなったのもCGでした。

日本の輸入車ファンにとっても特別な存在だったと思います。

彼の貴重な愛車が今後どうなるのか気になりますが、

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト