"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
P1000313.jpg

NOSシリーズ第二弾です。

本日は純正ハザードスイッチキャップをアップします。

ここ最近は、純正パーツも激減しており、

あっても値段が急騰しています。

これは世界的見ても同じ状況です。

昔から空冷ワーゲン業界を知る方たちは

昔の価格は忘れた方がいいですよ。

同じように車両価格もうなぎのぼりです。

昔は誰も見向きもしなかったような車両が

びっくりのプライスを掲げています。

もう部品取り車両を一桁万円で購入するもの

困難になってきましたし、

20万、30万でレストアベースの車を購入するのも

難しくなってきました。

繰り返しますが、空冷のいい時代を謳歌した

おっさん連中は昔のことは忘れた方がいいです。

パーツの価格、車両価格、供給状況は

日々刻刻と変わってきています。

日本だけが、世界の空冷業界から取り残されていると思います。

それは、lこれまで散々アコギなことしてきた業界関係者が

悪いのですが、それをよしとしたユーザー達にも

責任はありますよね。

とにかく、若者がボロボロのワーゲンを購入して、

コツコツと仕上げるといった、旧車入門としての

空冷ワーゲンの時代はお終わりを告げました。

これからは、他のクラッシックカーのように

お金持ちが乗るような車、もしくは、きちんとメンテナンスが

行き届いた車をそれなりの人が維持して

いく時代になっていくでしょう。

それゆえに、今のうちにわたくしのような給与所得者は

コツコツとパーツをストックしておかなければならないのです。
スポンサーサイト