"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
経団連が定める新卒採用の選考解禁日6月1日が目前に迫ってきた。

しかし、大半の企業がすでに書類選考や面接を行っているのが実態だ。

当然、選考の合否連絡を学生たちは続々と受け取っているはずなのだが、

不合格の結果を明確に伝えない企業が少なくない。いわゆる「サイレントお祈り」である。


学生が就職活動でエントリーした後、合否について

合格者のみ連絡がいき、不合格の場合はなにも連絡が

こないことを「サイレントお祈り」というそうです。

詳細は下記追記の東洋経済の記事をご覧ください。

学生の意見もよくわかるのですが、はっきりいって

学生の忙しい忙しいは人事の忙しさ、社会人の忙しさに

比べたら鼻くそみたいなもんです。

限られたギリギリの人数、企業によっては1人~3人で採用活動を

しているのです。

しかもHR(人事)は、新卒採用だけしているわけではありません。

中途採用も同時にやっているし、日々のルーチンの業務もあるし、

学生諸君が考えている以上にHR部門は忙しいのです。

僕が思うに、スタッフ系で一番大変なのがHRです。

大企業となると何千、何万という人数がエントリーしてきています。

日々の業務+採用の業務を考えると仕方ないよねというのが

企業側の本音です。

追記の文章の中にもありましたが、待っているだけでなく、

ある程度の期間が過ぎて、音沙汰なしなら、自分から応募企業に

連絡してみる。自らアクションを起こすべきだと思いますね。

電話での問合せは勘弁して欲しいですけど・・・。

結果が来なければ、すぐに切り替えて次々受けに行く

くらいでないと仕事決まりませんよね。

一喜一憂しているようでは、ダメです。

中途だってそうですよね。

とにかく就活は、僕が学生時代より厳しいのはわかりますが、

(僕が卒業した2000年も相当氷河期でした。)

それなりに、真面目に大学で勉強した人が報われると思います。

頑張って、内定を勝ち取って欲しいですね。
[サイレントお祈り。]の続きを読む
スポンサーサイト