"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 


USAでセンセーショナルにデビューし、1発屋としてはかなく消えていったテヴィン・キャンベルのスマッシュヒット作「Can we talk」邦題、「君に伝えたいことがある。」です。

この頃は中学生3年くらいだと思いますが、すぐにタワレコに行ってアルバム購入しました。今でも持っています。
コメント
この記事へのコメント
1発屋で終わったのが残念ですね。
solさん、こめんとありがとうございます。
Tevin Campbellをご存知とは多分同世代ですね。

1発屋で終わったのが本当に惜しいシンガーですよね。
90年代後半までは何曲かリリースしていたみたいなんですが、
今はどうしているのでしょうかね。

貴ブログにも訪問させていただきます。
2012/09/11(火) 14:28 | URL | kubottchi #-[ 編集]
こんにちは。この曲、Tevinの声質にフィットしていてイイですよね。懐かしい一曲です。以下、関連記事をアップしております。もしよろしければ、見てやってくださいませ。

http://trinidad.blog.so-net.ne.jp/2012-06-21

http://trinidad-parallel.blog.so-net.ne.jp/2012-07-26
2012/09/10(月) 17:45 | URL | sol #5zprNnt2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1000-d33293b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック