"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本では並行輸入?準正規輸入?といいますかガレージ伊太利屋からリリースされています、ニューランチアデルタです。日本では圧倒的に先代のインテグラーレが有名ですが、この新しいデルタはそのスポーティさは微塵もみられません。

しかし、元来デルタのポジショニングというものは、「エレガントなハッチバック」を目指していたそうで、そういう意味では今回の復活は原点回帰であります。ボディサイズは巨大化し、もはやハッチバックとは言えないほどで、CセグメントとDセグメントの中間あたりですね。

それにしてもSEXYですね。こういう面の作り込みはドイツ車では絶対にやらないし、できないでしょう。日本での価格は1.4ℓターボ、ガソリンエンジンで3,980,000円、1.6ℓのディーゼルモデルもリリースされています。50万安ければアンチドイツ党からのオーナー奪還を狙えると思うのですが、当初フィアット&アルファロメオの日本法人から正規輸入で入る予定も、蓋をあけてみればガレージ伊太利屋取扱いとなり、台数もそうでないでしょうし、価格的には妥当でしょう。しかしいくら内外装が素晴らしいとはいえ、1.4ターボのエンジン車が398万とは…。もう少しどうにかならないものか…。



新型デルタ インテグラーレのコンセプトの動画もな、なんとありました。

ちなみにリアの造形が日産ムラーノにそっくりだと思われた読者の皆さん、ムラーノが発売される前からランチアはこのラインを見せています。

ニューカングーとデルタという組み合わせもなかなか悪くはないと思うのは私だけでしょうか?
最後はAngeli e demoni という映画で使用されるデルタのシーンをご覧いただきましょう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1221-88ac74ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。