"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091007144227.jpg

昨日、ブログ仲間のHarakenさんが文房具ネタをアップされていて、それに触発され自分もステーショナリーネタアップです。

勝負下着という言葉があるように、男にとってステーショナリーとは、男の勝負○○のようなものだと自分は思います。先日のGHURKAのJOTTORのようなものもやはり見る人が見れば「おー」という小物ですが、メモパッドやスケジュール帳もそれなりにこだわっていたいものです。

自分が愛用しているのはどちらもフランスのメーカーでメモパッドに関しては、Harakenさんも愛用されているRHODIA、スケジュール帳はQUOVADISです。おまえ…BEGINの読みすぎだろう!!という声も聞こえそうですが、僕は決してチョイワル元編集長K氏の回し者ではありません!!

写真の鮮やかなオレンジ色がメモパッドのRHODIAです。ちなみにpaul Smithのダブルネーム限定ヴァージョン自分が大人買いしたラスト1冊NOSです。方眼入りのメモな紙質もよく、切り取りミシンも細かくてワーゲンのグラブボックス、会社の机、鞄、あらゆるところに1冊放り込んでいます。

変わって、スケジュール帳ですが、QUOVADISです。これは中身を毎年入れ替えることが可能なものです。QUOVADISは様々なサイズの手帳をリリースしていますが、自分は8×13という比較的大きなサイズのものを愛用しています。これはひとえに自分の書く字が大きいというのが理由なのですが…皆さんそれぞれ自分に合った手帳をお持ちだと思うのですが、自分はもう長くこのメーカーを愛用しているので、他に浮気できません。それくらい自分にはしっくりきます。

まだまだQUOVADISというブランドが浸透していない時代には日本の祝日表記に対応しておらず、フランスの祝日なんかが記載されたままというときもありましたが、日本におけるメジャーな手帳ブランドの一つとなった今は、日本の祝日にも対応していて、使いやすくなっていますね。

僕がこの手帳を使っていて一番のお気に入りはページの右端がミシンで切り取れるようになっていて、現在の週がパッとめくれることです。これを採用しているメーカーも今ではたくさんありますが、どうしたものか、日本のメーカーは紐タイプのしおりが採用されているものが多いですね。

以前、VW仲間の67camperさんからMr.モノマガジンというあだ名をつけられた管理人ですが、やはり自分の使う物にはこだわりと愛着をもって接していきたいものです。

QUOVADIS・RHODIAのウェブサイトはこちらから→http://www.quovadis.co.jp/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1229-ec681fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。