"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091029222031.jpg

Seoul (再びのソウル)
僕は、一年前ソウルという街を訪れていた。Tokyoとあまり変わらない数の人々が暮らすこの街は、ほかのアジアの都会のようにどこか洗練されていなくて雑多で猥雑だ。
市場の喧騒、早口でまくしたてる言葉、男や女達のケンカ、屋台の匂い、あやしげに蠢く人々。
深夜、タクシーに乗り込み、ファッションビルと呼ばれる高層ビルに向かう。
平日の深夜にも関わらず、若者、家族連れが通りを埋め尽くす。
いったいこの人たちはいつ眠るのだろう。
このバイタリティがこの国を支えているのだろうか?

ソウルの日本にはない雰囲気が僕はたまらなく好きだ。
日本から90分のフライトなのに、大陸のアジアに身を置いているという不思議な感じ。
そんな感じをふたたび味わいたい。

そういうわけで、僕はこうしてふたたびのソウルにいる。

1年前、たまたま見つけたその店がに気に入り、何本かの地下鉄を乗り継ぎ、記憶を頼りに路地を抜け、昨年訪れた店を探した。やっとたどりついたその店は、入り口に寂しく「close」の札がかかっているだけだった…。片言の日本語を話す、韓国美人は、はるばる日本からやってきた一見の客を温かくもてなしてくれた。地元客にもめったにださないであろうお茶を僕にふるまってくれた。

「また、来てください。」そういう彼女に再会したかった。しかし、それはかなわなかった。ホテルにもどり一年前にもらったビジネスカードに電話したが、聞き取れないアナウンスが流れるだけだった…。

彼女は、今どこでどうしているのだろうか。そして、僕のことを覚えているだろうか。



今日はテヴィン・キャンベルの「can we talk」(君に伝えたいことがある)でお別れです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1255-46681dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。