"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1030642.jpg

大内宿で残念な結果になり、気分転換に温泉に入ることにしました。
本当は只見線の撮影をしたかったのですが…本数が少ない上に
今年の豪雪で列車は会津若松ー会津川口間しか走っていません。
会津川口駅から上流にさかのぼること約7キロ、八町温泉に行くことに
したのですが、それらしきところをナビがさしているのですが、
案内板らしきものもありません。
と思っていたらビートルで徐行するとありました。
雪で半分埋もれていました。これじゃぁ気づきませんよね。

P1030641.jpg

ビートルを置いてタオルだけもって、けもの道のような小道を川へ下っていくと
源泉のような亀ノ湯に着きました。
住民は無料のようですが、100円以上の寸志となっていましたので、200円ほど
貯金箱??のような箱に入れておきました。

P1030645.jpg

戸をあけて、入ると、まずはカーテンで仕切られるようになった男女別の脱衣所が
あり、男子は左側で着替えるようですが…浴槽は1つ、つまり混浴ですね。
とりあえず、サクッと脱ぐものぬいで、浴槽にザブンです。
入浴客は管理人一人でしたが、後から地元の老夫婦がやってきました。
こういう時は経験上、「お邪魔します」の一言が大事です。
あいさつさえしておくと怪しまれないし、感じもいいし、なんにしても
よそ者は、ファーストインプレッションが大事です。
途中から話がはずんで、いろいろと近場の情報を教えてもらいました。

P1030647.jpg

地元の人の有志で運営されているほうで、寄付の一覧が浴槽上にずらり。
ここの湯は胃腸に効くようで、胃腸の弱い管理人にはぴったりですね。
それにしても硫黄分は多いのか、ボロボロのタオルを持参してよかった
すっかりタオルは赤銅色になってしまいました。

P1030646.jpg

湯温が高いので熱めの風呂が好きな管理人にはぴったりでした。
まさに裸のお付き合いをさせていただいた老夫婦にお礼をいい
只見方面に向かいます。

風呂からあがっても、時間がたてばたつほど体の芯からポカポカしてきて
行ってよかったなと思える温泉でした。

P1030648.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1708-c4fe0b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。