"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1030636.jpg
photo:JR只見線、会津中川駅

P1030605.jpg
photo:ビートルの車高よりも高い積雪/柳津町にて

P1030657.jpg
photo:ビートルの車高よりも高い積雪/只見町にて

ビートルは雪道に強い、それは事実です。

しかし、完ぺきではありません。

現代車でも雪道は相当に注意しないと、特にアイスバーン状態の

雪道は、例え4輪駆動車でスタッドレスを履いていたとしても

滑ったら即終了です。

当ブログを見て、ワーゲンで雪国に行きたくなった方

ぜひ行って欲しいのですが、

スタッドレスは必須なのはもちろんですが、

タイヤチェーン、スコップ、ガラスの雪をとる道具

(雪国ではホームセンターで普通に売っています。)

あとは、田舎はガスステーションが閉まる時間も

18時とかなので、5リットルくらいのジュリ缶に

ガソリンを入れて携行、服装も防寒対策完璧に、

特にグローブはこだわりブランケットと飲み物、

軽食(おにぎりとかサンドウィッチなど)

準備した方がいいと思います。

特に管理人が言った奥会津、具体的には只見町は

かなり雪深く(ワンシーズンで積算積雪13m!!!)

道には雪はないですが、4月中旬頃まで雪が降ることが

あるそうです。

舐めてかかると痛い目にあるのが雪です。

管理人は過去に、雪深い関ケ原の近くに住んでいて

雪道には結構慣れていて勉強させてもらいましたが、

それでも九州の大雪で調子に乗って

事故したことは当ブログで報告した通りです。

ワーゲンと雪は相当に相性がよく、美しい写真がとれます。

ワーゲンの雪道の強さも体験して欲しいですが、

準備万端でお出かけください。

最近、三寒四温ですが、あと1回は寒波がくると思います。

もし、雪国ワーゲン行に行かれた方いらっしゃれば、

またコメントくださいね。

追伸:高速では暖房OKでしたが(過去・現在)、一般道では

ここまで寒いとワーゲンの暖房はそんなに効きません。

タイプ1でもベバストの必要性を感じたきょうこの頃です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1709-9dcbe4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。