"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空冷VWオーナーの皆さん、特に管理人と一緒のタイプ1にお乗りの

オーナーさんで、オーディオが聞きたいと言う方はスピーカーをどこに

設置しておられますでしょうか?

運転席と助手席のドアパネルを切り抜いたり、リアラゲッジボードに穴を

あけてスピーカーをおいたりしている方いらっしゃいますよね。

管理人はリアシートの下にあるキックパネルを木工所に依頼して、一から

設計してもらい、パネルを製作しております。

今回、試作品を製作ののち、愛車の73年式1303と70年式1200stdに装着しました。

写真をご覧ください。

1200std.jpg

ヒーター全景1302

1200std2.jpg

このスピーカー装着方法ですと、インテリアの雰囲気を全く損なうことなく、

また車体に穴をあけたり、貴重なオリジナルのパネルを傷つけることなく

オーディオや純正ラジオを楽しむことができます。

今回、試作に賛同いただいたKTM先生の1200STDにも装着させていただきましたが、

ばっちり狂いもなく装着でき、大変喜んでいただきました。

素人仕事ではなく、3代にわたり職人の技を受け継いでいる木工所にてプロによる

製作です。

P1030808.jpg


ヒーターダクトカバーも種類がありますので、全てに対応できるようにヒーターダクト

ホールも裏面が座掘りしており、2段の段つき加工にしております。

スピーカー装着

またヒーターダクトにぴったりと合うように少し大きめにホールを加工しております。

ヒーターホール

表面材料ですが、表面材料はポリエステル化粧合板(黒色艶消し)で製作しました。

耐摩耗性はメラミン樹脂と比べると劣りますが十分とのことで、こちらを採用しています。

スピーカーですが、スピーカーカバーがついているパイオニア製品をチョイスしております。

現在、試作品が1組ありますが、もし自分の愛車にもつけてみたいというタイプⅠオーナーの

方がいらっしゃいましたら、先着1名様パネルのみ無償にて差し上げます。

試作品ですので、傷が少しあります。また、パイオニアの当該機種装着用にスピーカー装着部に

ねじ穴をあけています。(※スピーカーは当然つきません。)

無償にて差し上げますが、装着後、当方に装着後の写真とインプレッションをメールにて送付

していただける方に限らせていただきます。

また、こちらのキックパネル数がまとまれば再度製作する予定もあります。

クオリティは最高です。どこかのフニャフニャなリプロパーツとは比較になりません。

リアシートキックパネル左右SETとパイオニアスピーカー(TS-E1076)を組み込んだ状態で

希望者には販売します。

希望のスピーカーがございましたら、指定のスピーカーを組み込んで納品もできます。

ただしキックパネルの高さの都合上10㎝スピーカーしか組み込むことができません。

興味ある方は左記のメールフォームよりお問い合わせください。


コメント
この記事へのコメント
ジャストフィットでした。
おやぢらじをさん、コメントありがとうございます。
今回は、採用ありがとうございます。

写真でもご覧になったと思うのですが、ジャストフィットです。
もうすぐ実物と再会ですから楽しみにしていてください。
2011/04/24(日) 23:15 | URL | kubottchi #-[ 編集]
よろしいなぁ
スピーカー素晴らしいアイデアですね。是非是非採用したいアイテムです。
2011/04/16(土) 00:25 | URL | おやぢらぢを #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1730-578568ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。