"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1050292.jpg

バラ焼きを食べた後、外に出てみると猛吹雪になっていました。
この先の目的地まで行こうかどうか悩みましたが、いけるところまで
行ってみることにしました。
すごい雪の中、くねくねの道を走りはっとのことで一軒宿の蔦温泉に
到着しました。
以前雑誌で見て、一度は行ってみたいと思っていた温泉です。

P1050291.jpg

客はもちろんうちらだけでした。
右となりのアルファ156が蔦温泉の主の車だと思います。
「190Eで湘南から? たいしたもんですね。よくいらっしゃいました。
どうぞゆっくりしていってください。」
と声をかけてくださいました。
しばし車談義後、貸切の温泉に浸からせていただくことにしました。

P1050293.jpg

年季の入った玄関口、大正7年築だそうです。

P1050308.jpg

木造建築のよさは、この陰と陽な感じだと思います。

P1050306.jpg

P1050305.jpg

長い長い廊下を通ってお風呂に到着です。

P1050297.jpg

蔦温泉のお風呂の特徴は何と言っても天井が高く開放的ということと
湯船のすぐしたから温泉が沸いていて、生の温泉に浸かれるということです。

P1050298.jpg

貸切ですので、思い切り自由に入らせていただきました。(もちろんマナーは守って)
湯温は42度くらいでしょうか、僕にとってはちょうどよく、1時間くらい何回も
入ったり出たりしながら温泉を楽しみました。
かなりいいお湯でとても気に入りました。

P1050299.jpg

決して大きな湯船ではないので、シーズンになったらきっと大勢の
入浴客でゆっくり入れないどころか、芋洗い状態だったに違いありません。
そういう意味でもシーズンオフのド真ん中、頑張って車を走らせた
甲斐がありました。

P1050301.jpg

すっかり体の芯まで温まりました。
宿泊も1泊8,000円台とかなりリーズナブルです。
次回は、こちらで宿泊もいいなと思いました。
従業員の方も皆さんとても親切でした。

おススメ度★★★★★
蔦温泉旅館のサイトはこちらから→http://www.thuta.co.jp/index_p.cgi

P1050313.jpg

極寒の中、メルセデスのキリッとした表情と雪景色とのマッチング
ナイスです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/1944-e2ff934a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。