"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューウェーブ期待の星かと思われてきたが

実はやっぱりアンポンタン口だけ番長だった

2世議員の渡辺喜美にカネを貸した

DHCの吉田会長が自社HPにてメッセージを

出していらっしゃいます。

(会社案内のメッセージですので、今回の件

以前に書かれたものです。)

そのメッセージは下記に添付いたしますが、

その内容を見ると渡辺喜美の政治家としての

見る目がなかったというのでしょうか?

それにしても、8億円ポーンと貸せるなんて、

資産は50億くらいあるんでしょうね。


以下、DHC吉田会長のメッセージです。

長くなりますので、折りたたんでおきます。

気になるかたは読んでみてください。
日本以外のほとんどすべての国がGDPを年々伸ばしている中で、
日本だけはずっとストップしたままです。
10年以上もデフレが続いて日本経済は困窮を極めています。
これは一体誰のせいでしょうか。
政府と日銀のせいであることは間違いありません。
その政府は霞ヶ関の官僚に今や完全にコントロールされています。
日銀はもとより治外法権ですから、政府の言うことは全く聞きません。
霞ヶ関官僚も日銀官僚もデフレが大好きです。
デフレの時こそ自分たちの力を最大限に発揮できるからです。
規制もかけやすいからです。ほとんどの官僚は自分のことしか考えていません。
国民がどうなろうと企業がどうなろうと彼らには一切関係のないことです。
今の官僚を解体し再構築しない限り日本の明日はありません。


 国家公務員の数を大幅に削減し、民間並みに降格、クビ切りのシステムを採用する。
税金を湯水のように使っている天下り先(外郭団体、特殊法人、独立行政法人等)を
徹底的に潰していく。
そして日銀を政府(=国民)のコントロール下に置き、2~4%のインフレ率を実現させる。
そしたら、景気はたちまち良くなり、国家財政も数年のうちには健全になります。


 国のやることは、ここ十数年、頓珍漢なことばかりです。
何をどうやったら国を豊かにできるのか、何をやったら財政の健全化を図れるのか、
まったく分かっていません。

産業の発展があってこそ初めて国は豊かになり元気になり、
海外においては外貨を獲得することによって、国は成長を持続していくことができます。
この分かり切った仕組みを助成するのが役目のはずの行政(官僚)は
産業の足を引っ張ることしか考えていません。
自民党の時もそうでしたが、民主党政権になって、その傾向はますます顕著になってきました。
私どもの業界でいうと、通販会社の薬品販売を禁止したり、
広告表示の規制をさらに強化しだしたのがわかりやすい事例です。
さらには、年収一億円以上の会社役員名の公表を義務付けたり、
高額所得者の累進課税率をさらに上げようとしています。
これでは、まさに社会主義国家です。
元気のいい新たな企業人が次々に誕生してこそ国は活性化されるのに、
こんな国ではだれも社長になろうという人は出てきません。

ばらまきをしたり消費税を上げたりするのは、タコが自分の足を食っているのと同じです。

 私たち企業人はもう傍観しているだけではだめだと思います。
ひじょうに数は少ないけれども、政治家の中にも、若手の官僚の中にも
この国を真剣に憂慮している人たちはいます。
こういう人たちを私たちは支援していきましょう。
平成の坂本竜馬が誕生する手助けをしましょう。
竜馬も薩摩藩の財政的支援がなかったら明治維新の礎は築けなかったことでしょう。

 まずは従業員に豊かな生活を提供する。余力があれば新国家建設の手助けをする。
こういう思いで私は会社を経営しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/2357-b2e6168d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。