"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
keihan80gata.jpg

京都で一番好きな時間は、三条京阪(地元ではこういうと思う。)から

2両連結の京阪京津線に乗って東山三条で降りて、

当時まだまだ一部の人しか知らなかった一澤帆布に寄ってそれから、

浜大津まで行き、同じ京阪の石坂山本線に乗って

終点坂本の本家鶴喜そばを食べることでした。

三条京阪から出る京津線は、路面電車タイプの電車で、

特に各駅停車で使用される80型が吊り掛け電制で

ブレーキをかけるときの独特のモーター音と

旧いコンコンコンというコンプレッサの音、

あとは、電子ファンのボーっていう音や、

車掌のチンチン(名鉄や近鉄は今でもチンチンって鳴らしますね。)

が好きでした。

途中、併用軌道あり、日本でも有数の勾配区間を走ったり、

かなり変化の富んだ面白く見所満載の路線でした。

こちらは、21世紀に入る少し前に地下鉄に生まれ変わり、

途中の山科までの併用軌道はなくなってしまいました。

と、同時に僕の好きな80型も廃車になってしまいました。

当時は準急と各停がかなりの頻度で走っていて、

乗客もかなり乗っていましたが地下鉄になり、

車両も2両から6両に変わったにもかわかわらず、

京阪時代よりも高額な運賃や運行本数の減少で

乗客が激減してしまいました。

おまけに好きだった一澤帆布も

お家騒動でおかしなことになってしまい、

京阪に乗ることよりも嵐電や、叡山電鉄に乗ることが

多くなってしまいました。

僕のふるさと広島の路面電車はごく一部を除き、

軌道敷内に自家用車乗り入れ禁止のため

電車はスムーズに走れます。

岐阜や京都のように軌道敷内に車が入れるようになると、

ダイヤも乱れ、入り込む車で運転手もかなり神経を

すり減らしたことでしょう。

SN6-83_4_8-0009.jpg


山越え手前の蹴上電停を駆け上がる京阪電車はとてもきれいでした。

鉄道ファンでなくても地元の方をはじめ、京津線が大好きっていう

方は多いと思います。

残念ながらもう、その電車も風景は見れませんが、

僕の中では忘れがたい思い出です。





1分28秒くらいから、山科駅停車のブレーキの音などがいわゆる吊り掛け電制音です。
今では貴重です。
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
メルツェデスW108さん、コメントありがとうございます。
いい個体にお乗りですね。
ツイッター拝見しました。
また気になる記事ありましたら
コメントお待ちしております。
2014/04/28(月) 12:59 | URL | kubottchi #-[ 編集]
はじめましてkubottchiさん。
色々サイト飛んでたら偶然拝見しました。古いものが好きで車や建物、街並みなどノスタルジックな感じが好きで共感できるな~と思いメール差上げました。これからもちょくちょく拝見させていただきます。宜しくです。
2014/04/27(日) 23:18 | URL | メルツェデスW108 #IaNAQoQY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/2361-a08eafa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。