"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090223215434


次の日の朝、7:30分から朝食です。何時にしますか?と聞かれたのですが、郷に入っては郷に従えで、ここの決まり通りの時間でいただくことにしました。前夜は温度計を外に出しておいたら今朝は2度でしたらから夜はマイナスまでさがったことでしょう。暖房が最新の優秀なものにとりかえてあり、また室内もかなり快適でした。霊感のない私ですが、座敷わらしなどでませんでしたよ(笑)。

さて、朝食も月影の郷の管理をする会の理事のおばさん手作りです。昨夜の夕食と同じく100%のコシヒカリを筆頭に、味噌汁、納豆、沢庵、卵焼き、サラダ、鮭と品数豊富ですね。ご飯とみそ汁はおかわり自由ですが、自分はご飯とお味噌汁朝から3杯もおかわりしてしまいました。松屋のごはんおかわりとはわけが違います。

本当のお米の味はこういうのなんだなーと思いますね。

朝食後は、セルフで宿泊部屋の片づけをして、ゆっくりとモーニングコーヒーをいただきます。そうこうするうちにここを管理する最初に問い合わせの際に電話に出られた方やメンバーの方数名がやってきて、私に挨拶してくださり、朝食ごはんのあまりでおばさんがお焼きをつくってくださり、お腹一杯なのにさらにそのお焼きをいただきながら、いろんなお話をしてくださりました。

私もこの施設をどうして知ったか、浦川原に頸城鉄道のことで興味があったこと、ほくほく線に乗ったことや昨日の宿泊体験を通じて、旧い車に乗っているので、ここで仲間と泊まっていいかとかいろいろ話をして、早めに予約を入れてくれれば使ってもいいよということを言ってくださいました。

話は尽きないのですが、そろそろ出発の時間です。あいにく雨ですが、理事会の方はわざわざ寒い中、見送ってくれました。暖気運転もそこそこに、お世話になった月影の郷を後にします。施設を出て、学校を右に見ながら、長い坂道を登っていくのですが、皆さん手を振ってずっと見送ってくださっていました。こちらもクラクションでお返しです。車内のBGMはもちろん夏川りみのいのちの音です。リアル田舎に泊まろう、アポなしじゃなかったけど、とっても心温まる体験でした。もちろんウルッときました。いつまでもお元気で!

というかまた春に行きますよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://slowdaygoodtime.blog99.fc2.com/tb.php/941-ee6e24fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。