"The more you know,the less you need."(知れば知るほど、必要なものは少なくなっていく。)・・・・・・・・・・・・・
 
Pick Up & In4mation
当ブログについて
当ブログは個人が発信しているページです。ゆえに管理人の偏った考え、主張、時には偏見など見る方によっては、
不快に思われる部分があるかもしれません。閲覧いただくのは大変うれしいのですが、不快に思われてまで見ていただこうとは思っておりませんので当ブログをご覧になって不快な思いをされる方はどうぞブラウザをお閉じください。管理人の琴線と合う方と交流できればと願っております。趣味、趣向が違うなと思われた方は、どうかお立ち去りくださいませ。
※なお、管理人宛メールフォームにて問い合わせ、メッセージを送信する場合、本名かつ フルネームや連絡先を記載していない方に対しては、返信を控えさせていただいております。
最新の情報
◇2016年もよろしくお願い申し上げます。
◇OSRAM COPILOT Mの電球タイプは生産終了となりました。現在はLEDタイプに変更、デザインも変わっています。
円安のため、輸入は保留です。新しいデザインでも欲しい、値段は高くてもいいという方は別途ご相談に応じます。
メールフォームよりお問い合わせください。
イベント情報&どうでもいい連絡
イベント予定あれば更新いたします。
昨日に引き続き、ルノーネタです。最近ワーゲンネタないじゃんと思うでしょうけど、そこはご愛嬌でお願いします。

僕は空冷1本槍になるまで、仏車党でした。今でもフランス車は好きで、駐車環境さえ整えば今すぐにでももう1台増やしたいくらい仏車好きです。特にルノーが好きですが、下記の手紙は当時ルノージャポンのアラン・レーモン社長からいただいた手紙です。

(プライバシー保護のため、写真をボカシ気味にしています。ご了承ください。)20090925220552.jpg

当時岡山在住でしたが、ルノー岡山さんにはお世話になっていて、ルノー岡山を訪問するアラン・レーモン社長とのカフェタイムに招待していただいた時に、お礼の手紙と写真を後日いただいたものです。

20090925220534.jpg

日本語も堪能だった社長さん、2005年には本国ルノーのマーケティング部門のトップとして帰国されたようですが、その後、お元気にされているでしょうか?フォルクスワーゲンジャパンやメルセデスなんかだと絶対に実現しないであろう、現地法人社長との交流ですが、さすが小さな会社だけあってフレンドリーでした。

これは、とても大事にしていて、額に入れて玄関に飾っています。
僕にとって宝物の一つです。


いよいよカングーⅡというべきか、新型ルノーカングーデビューしましたね。ディーラーでも試乗開始のようです。今回はATもMTも最初からラインナップ。しかもお値段MTでは218万。

腐ったトヨタ車買うよりは、

ぜーんぜん健全なんじゃない??


とにかく5人乗車、または7人乗車なんて1年のうちに数回あるかないかなのに、バカでかいミニバンloveな方、カングーおススメですね。しつけのできない親も子供をカングーに乗せるとお行儀よくなるかもしれません。広い車内でガキをほうり放しにしておくから落ち着くがなくなるのです!!

さて、放言はこのへんにして、ルノージャポンの方も学習されたのか、最初からリア観音開きのダブルバックドア採用はいいですね。おまけにオートエアコン、リアもフルフラットになって、天井の収納スペースも装いも新たにされて、いいですね。

しかし、ルノージャポンのサイト見ていて残念なのが、ルノーの良さだった下開きの「座布団型」(僕はこう呼んでいます)ヘッドレストがなくなり、普通のヘッドレストになったのが非常に残念です。あの座布団ヘッドレストは最高に使い心地よかったのにな。

空冷オーナーの方もファーストカーも水冷VWじゃなく、仏車というのもありですよ。
家族みんながhappyになれる車なんて、そうそう多くないですよ、ねbettyさん。
UN0000007436L.jpg

皆さん、いろんな車好きだと思います。管理人もワーゲンも好きだし、プジョーも好きだし、ルノーも好きです。旧いW123も好きです。PANDA最高です。でもアメ車?よく分かりません。チェロキーとかエクスプローラーとかサバーバンとかユーコンとか旧いのでは、ブロンコとかエルカミーノが好きです。

で、アメ車乗りの方には、本当に申し訳ないのですが、どうもアメ車って不良というか、スマートではないイメージがあっていまいち買う気が起こらないんですよねー。でも実はすごく興味があって特にフルサイズピックアップトラックは一度は所有してみたいです。

前のログでアップしたのですが、トヨタが2007年に2代目をリリースしたタンドラ、これはトヨタらしからぬとても押し出し感の強いルックスで、イケていると個人的には思います。トヨタだから壊れそうにないですし…。実際パーツとかは逆輸入だと困るらしいのですが、カッコいいと思います。管理人は不良ではないので、普通のサラリーマンが逆にサラっと乗っていたらカッコいいっすね。

やっぱりTRDバージョンもいいけど、僕としては4WDのクルーマックスというモデルが欲しいかなー。この車で会社に通勤すると、さらに変人扱いされそう、今でも相当変人扱いされている保守的な社風なんで、無理っすね。
20090701210448


僕にとって絶対忘れない車、それはルノー4です。一時期チェキにはまっていて、その頃のアルバムを今日久しぶりに見ていたら、キャトル君が写っている写真が出てきました。懐かしい。

この頃は22歳です。まだ若かったですね。自慢じゃないけど、22歳ですでにルノー4、しかもダブルキャンバストップでキャピタル企業もの、フランス製造最終ものをチョイスするところ、もうすでに変態エンスー道バリバリですね。

この個体もまたいろんなストーリーが秘められているのですが、このルノー4は広島の空冷帝王yasuさんにも紹介したアウトドアショップランバーが、まだ広島市中区の幟町にあった頃、そう当時は高校生だった自分ももうその頃には、L.L.Beanの個人輸入をバリバリしていて、以前もupしたRedwingのBOOTSを履いて、アメカジを謳歌して自分もお店に通っていました。

いつも行くと、店先に2台お客さんの車が路駐してあって、1台はゲレンデワーゲン、もう1台はこのルノー4でした。ゲレンデも当時は珍しかったのですが、僕にはあまり興味なく、このルノー4は一目ぼれに近いものでした。このルノー4は吉田さんという人がオーナーで何度か乗せてもらって絶対、キャトルに乗ってやる!!と心に誓ったのでした。

その後、大学に入り、三菱の新車のミラージュを買ってもらいながら、いろんな車に浮気しましたが、キャトルのことが頭から離れることはありませんでした。大学卒業と就職が決まり、忙しい毎日でその後、すっかりキャトルの事は頭から消え去っていました。

そしてある日、前出のアウトドアショップのオーナーのオヤジからいきなり電話がかかってきて、吉田氏がルノー4をとうとう手放すという。ついてはおまえがとても欲しがっていたから、最初に連絡して欲しいと頼まれたとのことでした。当時就職したてで、もちろん貯金もなく、親に大反対されながらもなんとか金を工面して、吉田氏のルノー4を譲ってもらったのでした。車検がほぼ満タンで70万弱だったと思います。今から思い返すと、だいぶボッタくられた感がありますが、吉田氏がいろいろとオリジナルを重視しつつメンテナンスを施していたため、その後3年間で6万キロ以上、最終的には16万5千キロまでマイリッジを刻みましたが、ノントラブルでした。

フレンチブルーのキャトルは本当によかった。20代の時の甘酸っぱい思い出がいっぱい詰まった車です。部品でお世話になった三崎エンタープライズやルノー岡山のMさん、ルノーでもいろんな人と出会うことができました。その後、広島に帰る度に、今は移転したアウトドアショップランバーで譲ってくれた吉田氏と今でも会います。ゲレンデワーゲンのおじさんはいろいろあって、とうとうゲレンデを手放してしまいました。

個人売買って失敗すれば最悪ですが、僕は結構いい買い方かなと思います。吉田氏は昔はワーゲンも何台も乗り継いでいる人で、この間、6月に広島に帰省した時に何点かワーゲンのパーツをくれました。その1点を高知のKAZUさんにあげたのですが…。

マイナーだけど、ルノー4はビートルに次いで2番目に通算生産台数の多い車なんですよ!最近、このキャトルの後ろがバンになったフルゴネットが非常に欲しいです。ビートルもいいけど、仏車もいいっすよ。シトロエンDS、シトロエンSM、シトロエン2CV、アルピーヌA110、ルノー5、プジョー504とかいいなー。やっぱり小市民な管理人はサンク、それもバカラいやいやシュペールサンクとかいいかなー。80年代から90年代初頭くらいまでのルノーのお尻ってすごい可愛くて、キュートなんですよ、キャトルもサンクもね。

仏車病、再発か?????


最近ネタなく今日も手抜きです。Peugeot308のADです。艶っぽい308よりも307の方が好きです。自分でも乗っていたし…。


そしてこちらは308CCのcommercialです。やっと探しました。




いつもはボロクソにトヨタをけなす管理人ですが、US TOYOTAだけは別です。FJ CRUISERとTUNDRAは、とてもイカシテいると思います。このTUNDRAのADは本当に実際に行われたものなのか気になります。たぶん実際にしていると思いますが…。
壊れる、雨漏りすると誰が言おうと、この車はいつの時代もカッコいい。
僕は…いつかはレンジとシトロエンDSです。
日本車も「乗ってカンガルー」とかシケタADじゃなくこんなcoolなAD作ってよ!

皆さんご存じのとおり、管理人のカーキチぶりはハチャメチャなんですが…、空冷も好きなんですが、やっぱり仏車が一番自分にはしっくりきます。なんというかドイツ車はお固い感じがしてどうも自分のズボラーな性格にはしっくりきません。

いや、イタリア人ほどはズボラーではないことは私と関わりのある方はご理解いただけると思うのですが、でも最後のツメがいつも甘いのはそう、事実なのです。そういうわけで、やるときゃやるけどいつもはグーダラな、管理人を例えるならフランス車なのか?僕は仏車に乗る時が実は一番幸せだったりして…。

そんなわけで私のボンジュールな仏車ライフはルノー4から始まり、クリオ、307と立て続けに仏車を所有していたのですが、いろんな事情で最近は空冷オンリーになっておりました。

で、新し308がリリースされまして、ふーん大きすぎと思っていたのですが、308CCのフォルムを見て、いや~ん、なんてsexyなんでしょう。一発でやられちゃいました。先代の307CCのときはすぐにカタログ落ちしてしまいましたが、左ハンドルM/Tというエンスーなチョイスが用意されていましたが今回は、M/Tはないですが、左ハンドルは選べます。

どうせ1年後には左は売れないからカタログ落ち…みたいなオチになりそうなんで、早く買わないと…。その前に…お金…誰かください!!
VWからマルチバンT5のカリフォルニアというキャンピングカーが出ています。これを日本でも並行輸入で購入することができるのですが、これはいいですね。空冷のcamperもいいけれど、これなら住所不定で日本中を旅できそうですね。

minatoさんにはぴったりのような、そして67camperさんは、空冷を子供たちに譲り、リタイアしたらこれで日本中を旅するとかどうでしょうか?お金あったら欲しいなぁ。せめて雰囲気だけ味わってもらうということでPV見てください。雰囲気すごいでています。これを見たら空冷しかダメっている人も欲しくなるかも…。でも…現地通貨でも結構なお値段するんですね。メルセデスEに800万つぎ込むならT5 カリフォルニアを買った方が、夢がありますね。

こんな夢のある遊び心満載の車なんか決してトヨタなんか将来にわたって作れないでしょうね。だから日本車はつまらない。壊れても輸入車が楽しい。俺って間違ってる??リスクと楽しさをとるか、トラブルフリーと無機質さをとるか…。

PVは3分20秒ありますが、ぜひじっくりとヨーロッパのアウトドアな一日を感じてください。BGMも素敵ですね。


[ミラノ/ベルリン 3日 ロイター] 伊フィアットは3日、同社の自動車部門と、米ゼネラル・モーターズ(GM)の欧州部門を合併させる計画を検討していると発表した。GMの欧州部門には独オペルも含まれる。合併後に分社化し、株式上場させたい考え。
 フィアットの試算では、合併後の会社の年間売上高は約800億ユーロ(1063億ドル)。
 連邦破産法11条の適用を申請した米クライスラーとこのほど提携で合意したばかりのフィアットのマルキオンネ最高経営責任者(CEO)は4日ベルリンを訪れ、グッテンベルク独経済技術相、シュタインマイヤー独外相らと会談する予定。
 フィアットが発表した声明によると、クライスラーとの提携内容を精査するとともに、クライスラーの利益を考慮したうえで、フィアットの自動車部門とGMの欧州部門の合併を検討するマルキオンネCEOを支持するために、3日に取締役会が開かれた。
 同声明でフィアットは「フィアット・グループ・オートモビルズの分社化、およびゼネラル・モーターズ・ヨーロッパの事業統合を経た上での株式上場など、いくつかの選択肢を検討する」とした。
 ただ声明では、ゼネラル・モーターズ・ヨーロッパの売上高の約80%を稼ぎ出す独オペルについては言及されなかった。GMのリストラ計画によると、オペルは傘下の英ヴォクスホールと共に分社化される予定。
 フィアットのマルキオンネCEOが会談予定のシュタインマイヤー独外相は、現政権のオペル存続に向けた動きの先頭に立っており、今年9月の連邦選挙での社会民主党(SPD)の首相候補と目されている。 ロイター

FIATが欧州GMも飲み込んで、巨大自動車メーカーとなろうとしています。巨大になるのはどうでもいいとして、真面目な車づくりをしているOPELがイタ車並の能天気なクオリティになり下がらないか心配です。(きょうび、イタリア車とてトラブルだらけとは言いませんが、やはり耐久性能ではドイツ車にはかなわないでしょう。)

はたまた、能天気なイタリア人が改心してドイツ気質を学ぶのか??後者に関してはあり得ないと個人的には思うのですが…。どう考えてもボッシュ野郎には負けると思います。

FIATバッヂをつけたラングラーやグラチェロ、HEMIエンジン搭載のアルファ159とか出るのでしょうか?個人的にはチンクのアバルトとかアメリカに輸出すると受けると思うのですが…。今後の展開が楽しみです。
20090227192209


毎月買っている車雑誌の一つENGINE誌の最新号を購入しました。今回の特集は、「全ガイシャ、全試乗!」でした。パラパラめくっていると、以前当blogでもupしましたランチア・デルタが見開き2ページでインプレッションがでていました。僕の大好きな笹目二朗さんはなんとすべて5点満点!しかも1.4ターボで398万円ガレーヂ伊太利屋さん、よく頑張りました。というか円高の恩恵もたぶんにあるでしょうが…。

空冷ワーゲンはおいておき、やはり自分は艶女的な色気のある車が好きなんだなと思いました。今個人的に所有したい3台は、もちろん①ランチアデルタシトロエンC5ツアラー(もうブレークとは言わわない…らしい。)アウディA3の素のやつです。
以前新車で購入したプジョー307の後継308もやっと廉価版のプレミアムで5ドア6速MTがでたんですが、286万円なら、アウディかな…でも、プジョー307はいい車でした。素の5MTでしたが、3年で6万㎞走行し、ノントラブルでした。

NAVIはここんとこalfa MITOを押していますが、あんな形だけのエンジン実はへっぽこな低品質車より、断然ランチアだぜ!
経営難にある米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)傘下にあるスウェーデンの自動車メーカー、サーブは20日、独立した企業体となる経営再建に向けた法的手続きを同国の裁判所に申請する、と発表した。事実上の経営破たんとなっている。GMグループのメーカーの破たんは初めて。

スウェーデンの国内法規に従い、独立した管財人が任命され、サーブ経営陣と協力して経営再建の方策を探る。再建案は3週間内に債権者らに示され、承認を求める。政府の資金援助も求める方針。

サーブはこの間、業務は平常通り続ける見通し。スウェーデン政府は昨年末、世界的な景気後退のあおりで自動車産業が経営危機に陥る中、米自動車大手フォード・モーターとGMの各傘下にある同国のメーカー、ボルボとサーブに総額34億米ドル相当を支援する考えを明らかにしていた。ただ、両社の国有化は否定していた。

GMとフォードは経営難を切り抜けるため外国ブランドの身売りなどを検討していた。GMは経営再建で米政府の公的資金注入を受けている。これまで約134億ドルの融資を受けているが、同社は最近、販売数が改善しない場合、2年間でさらに166億ドルの資金を政府に求める考えも明らかにした。
20090205223810


私のモノへの信条はずばり"It works"と"small is beautiful"です。前者は「ただ、正常に機能すればいい」後者は、「小さいことは素晴らしい」です。つまりシンプルで小さいものが好きなんですね。写真のBMW Isettaなんて、そのさいたるものですね。だーい好きです。絶対にいつかは手に入れようと思っています。京都の車好きのお仲間のmorisettaさんが所有されていて(過去のログをチェック!)、京都まで押しかけて乗せていただいたことがあります。

こんな車で本当に走るの?とお思いでしょうが、坂の多い京都郊外をブイーンという小気味いいエグゾーストをたててかなりの(坂道でも60㎞)スピードで走ります。ヨーロッパでは、これに小さなトレーラーを牽いて旅する老夫婦なんているみたいですから、すごいですね。

写真は先日開催されました、お台場のニューイヤーミーティングで参加されていたバブルカーのクラブブースでの一こまです。
image.jpg

国産、輸入関係なく旧車に興味のある方なら誰でも知っているお台場のニューイヤーミーティングに参加することになりました。今回はAMALIE OILでの出店です。知人の英国車系のショップが出店しまして、そこに自分もAMALIE置かない?と誘われて、厚かましくAMALIE OILでそのshopのいちブースとして参加させてもらえることになりました。

一応、空冷ownerなんで、シングルグレード#30、#40、あとは2ST用のオイルを持って行きます。デモンストレーションといろんな新しい人とお話することが一番の目的なんで、あまり商売っ気はありませんし、その友人のブースのお手伝いがメインですが、AMALIE OILに興味ある方は、商品を手にとってご覧いただけるチャンスですし、ディーラーも関東にはそうたくさんあるわけではないので、もしお時間ありましたら是非、お越しください。

まだ、詳細は決まっていませんが、この連休でいろいろ打ち合わせしますので、詳しく決まり次第、当blog上でお知らせいたします。VWの方もそうでない方もぜひお気軽にお越しください。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

何か変わったおいしいお菓子を準備してお待ちしています。
よろしくお願いします。
経営再建中の伊ピニンファリーナは12月31日、創業一族が株式を手放すことで銀行団と合意に達した。また2011年をもって現在の受託生産事業から撤退することも明らかにした。

従来ピニンファリーナ家は、一族の投資会社ピンカー社を通じピニンファリーナ全株式の50.6%を所有していたが、それらすべてを09年3月までに銀行団に担保として提供する。これによりピニンファリーナ家の持株比率は別企業を通じて保有する5%未満に低下することになり、1930年以来78年間続いた創業家支配に終止符が打たれることになった。

さらに現在トリノで行なっているフィアット車(アルファロメオ『スパイダー』、『ブレラ』)とフォード車(フォーカス『CC』)の生産も2011年の契約満了をもって打ち切り、受託生産事業から事実上撤退する。08年初めのベルトーネ倒産に次ぐ生産終了で、これによって大メーカーの受託生産を行なえる大規模カロッツェリアはイタリアから消滅することになる。

いっぽうで08年10月のパリモーターショーに参考出品された仏ボロレ社との共同開発による電気自動車『Bゼロ』については、11年発売を目標に開発を続ける。また比較的堅調なスタイリング / エンジニアリング部門は、09 - 11年の業績推移を見極めたうえで今後の経営戦略を練り直す。

ピニンファリーナは約6億ユーロの負債を抱え、サンパオロ銀行をはじめとする銀行団によって再建が急がれていた。今後は銀行団および仏ボロレ社、インドのタタ社など主要株主によって、経営の舵取りが行なわれると思われる。

なおこれらが正式発表されると、ミラノ証券取引所ではピニンファリーナの倒産が回避されるとの見通しから、同社株は一時前日比13.6%の急騰を見せた。

(レスポンスより引用)


ベルトーネ破産に引き続き、イタリアカーデザイン界を牽引していたピニンファリーナもとうとう自動車生産から撤退です。デザイン部門の方は比較的順調のようですからピニンファリーナという文字は、まだなくなりそうにはありませんが、これも時代の流れでしょうか?プジョー306カブリオレは確かピニンファリーナのはず。いい車でしたね。アバルト復活やランチャの復活など明るい兆しが見えたイタリア車ですが、新年早々に出鼻をくじかれたかんじですね。

0000018326_001.jpg
0000018326_002.jpg
0000018326_003.jpg

ランチャデルタが8年ぶりに帰ってくる。しかも今日、ガレージ伊太利屋のウェブサイトを見ると価格、オプションともに未定となっているが日本にも入ってくるようだ!!ランチャデルタといえば先代のHFインテグラーレがあまりにも有名ですが、激しく壊れましたよね。

現在は輸入権を持っているガレージ伊太利屋が細々とMUSAやY、テージスなどを入れています。イプシロンは個人的には欲しいのですがYの4ドア版のMUSAにはMTがないのでさみしいですね。東京といえどもシトロエンC6は結構見かけますが、さすがに変顔のテージスは1度も見たことありません。外車ストリートの目黒通りでも…。MUSAのMTヴァージョンは三河の並行ショップ、CARBOXさんで購入できるのですが、やはり伊太利屋さんで買う方が安心感はありますよね。

さて、新型デルタですが、はっきりとイタリアンを主張する顔立ち、個人的には好きです。アルファ147なんかよりずっといい。リアが日産ムラーノに似ているのは愛嬌ですが、これがMTで300万円くらいのプライスタグだと絶対にアンチドイツ派の方々は食指が動くのではないでしょうか??プジョー308もベースでも299万円だというきょうび、Bセグメント(もはやC?)はover300万が当たり前。

なんとか伊太利屋さんで魅力的な価格を出していただきたいです。300万でしたら、自分買います。
空冷VW好きの方は現代車もドイツ派という方が多いと思うのですが、私はイタフラ車大好きです。アルファは見た目だけだと思うけど、ランチャ、フィアット大好きです。見てエロ、乗ってエロ、所有してエロな雰囲気がいい。。。エロかっこいいランチャ、エロかわいいチンクなど、ラテンな車もサイコー!!
20080727235914


毎日暑いのは当たり前ですが、塩尻での熱中症事件以来、関東でのビートルonly生活に限界を感じ始めています。で、某ディーラーにてA3を見に行きました。カタログをもらい、「ならでは」の価格の提示をしていただき、かなりかなりかなり心はグラグラと動いています。

モデル末期で熟成されているし、いちばん安価なアトラクションではなく1.8Tのターボモデル、しかも6速のSトロニック(ワーゲンでいうところのDSGね。)ツインクラッチのモデル。後ほど某所で20分くらい試乗しましたが、いいですね。イイ、内装もシンプルでイイ。バウハウスみたいな感じ。洗車もなにもせず、しかもオプションとかも何もつけず、サラッと乗るとカッコイイ感じがしました。

アプルーブドカーのA4もいいけど、A4に乗るならクアトロに乗りたいし…。しかし、問題が。関東は駐車場代が高くワーゲンとA3の2台分の駐車場代を垂れ流す余裕もなく、まして、イベントに行くときに手元にワーゲンがなく、岐阜の秘密基地に、いちいち取りにいくわけでもなく、悩むことろです。支払いは私がして、実家の母親に乗ってもらう手もありますが…。

うーん、悩ましい、けど欲すぃ。エアコンもかな効きよかったし。新型プジヲ308もベースが299万円で買う気が起こらないし、オデッセイみたいにでかくなったし、207乗るなら、ルノーメガーヌだと200万とすこしでM/Tモデルが買えるし。ゴルフは最近色気出しすぎて、しかも国産車並にみーんな乗っているので、初めての現在ドイツ車としてA3の選択はどうでしょうか?
UAZ2.jpg

皆さん、このタイプⅡの出来損ないのような風体、この不細工さは絶対にロシア製だろうと想像したみなさんは素晴らしい。ずばりロシアのUAZ(ワズ)という4輪駆動専門のメーカーが現在も製造しているキャブオーバーの車です。

日本でもUAZ JAPANという岩本自動車というところが細々と輸入しているのですが、21世紀も8年も経ち、2003年にメキシコビートルも排ガス規制がクリアできず、製造中止となったのに、まだまだこのような車が製造されているなんて奇跡ですね。東欧やヨーロッパには我々日本人がまだまだ知らない車がいっぱいいるのです。私はこのような「変態車」が大好きです。

日本での価格は横浜港渡しでVANタイプが予備検込みで207万、Pick upタイプが197万円だそうです。2008年モデルは

・エンジンの燃料系はインジェクション方式
・エンジンの点火系はトランジスタ・イグナイター方式でダブルイグニッションコイルを採用
・OBD2(オンボードダイアグノーシス)端子を装備
・ボディカラーはホワイトとグリーンの2色をラインナップ
・エアコンは廃止
・パワステは廃止
・初度配置車両は2008年4月ころの日本到着予定

それまでは、キャブ仕様、パワステ(日本で装着)、オプションでエアコンが装着できたのですが、廃止ということはやはり、不具合がでたのでしょうか?日本での販売台数が気になるところですが、なかなかシンプルでタフそうな感じです。エンジンもシンプルな4気筒ガソリンエンジンなんで大丈夫でしょう。ロシアでは最近見かける台数は少ないようですが、モンゴルなど極寒で未舗装路など道なき道を行くときは、走破性はランドローバーなんか目じゃないみたいです。

ちょっと気になる車ですね。しかもディーラーが私の出身県、広島県福山市にあるようで、なかなか社長さんもこの車にほれ込んでいるようです。
下記にいろんな情報を記しておきますので、興味のある方はご覧になって下さい。

UAZ JAPAN(岩本モータース有限会社)日本総輸入代理店のサイトはこちらから↓
http://www.uaz.jp/
なんと岩本モータースさんは、最近タイのトゥクトゥクの輸入も始められたそうです。ちょっと値段が高いけど、変態車好きの自分としては、ピアジオAPEより魅力的ですね。

UAZのディーラーである水島自動車商工株式会社のUAZ専門サイトはこちらから↓
http://www.lotasm.co.jp/uaz/

You TubeのUAZ動画はこちらから!!この走破性を見るときっと欲しくなるはず!!ローカルなBGMと動画のマッチングが素晴らしいね。
http://jp.youtube.com/watch?v=x5dc0SbJGUI
全国のMTファンの皆さまこんにちは。
以前から情報をキャッチしていましたが、とうとう出ましたエクストレイルディーゼルMT!!
しかもATの設定はなくマニュアルトランスミッションのみ!!
日産開発陣内でもいろいろ議論されたようですが、ディーゼルの胸のすくむような加速を味わって欲しいということからMTのみの設定をなったそうです。

日産してやったり!!
欧州ではあのアルファでもガソリンモデルよりもディーゼルモデルのほうが販売比率は多いそうで、このディーゼルの流れを日本でも広めて欲しいと思います。
はっきり言いますが、私はトヨタが大嫌いです。
企業経営としてトヨタは素晴らしい面を持っていると思いますが、トヨタの車作りというのは、マーケティングであって、車を運転して楽しいとか、嬉しいという車がないからです。

そういう意味では、日産やマツダの車作りって、欧州車のように乗って楽しい、嬉しいfun to driveな車作りをしていると個人的には思います。
スバルもトヨタの仲間に入って、トヨタのような車にはなってほしくないですね。

車好きの方、私も含めてエクストレイルディーゼル、購入の対象に入れるのもいいかも。
20080603180219


待ちにまったビートルのエンジンO/Hが仕上がったというので、前泊して引き取りにいくことにしました。静岡ならここに間に合いました。よかった。
今回は電車に揺られて行きます。

途中、豊橋で時間があったので、まだ豊橋市内とブラブラしていたらとあるメガネ屋さんの駐車場にナンバーを切ってあるメキビー発見。なんて派手なんでしょう。
でも色の配色といい、なかなかいい感じですね。
後輪タイヤはだいぶ空気が抜けてペチャンコになりかけですが、塗装などはまだしっかりしていましたので、放置してからまだそんなに時間はたっていないような気がします。

豊橋という土地柄、たぶんオートトレーディング物だと思うのですが、また近いうちにオーナーが復活させることを願うばかりです。
20080401162550


今日は、あいさつ回り。片付けじぇーんじぇん進んでいません。
ヤバイ。やっと後任の人から電話あって(遅い)引継ぎもできそうです。
で、午後から●●●さんとこに、新品のスピーカーをあげにいって二人しかしらん秘密の場所へ。

えっと70年式のYANASEもの左ハンドル、アイロン、1500の極上のスポルトです。
リペイントが残念ですが、内装はきれい。
初めてスポルト乗りましたが、今まで馬鹿にしていた自分が恥ずかしい。
遠出はリスクあるかもしれないけど、近所ウロウロするにはこの2ペダルがいいですね。

●●●さん、これは売らないで欲しいです。
しかし、VWもなんだかんだとまだ3台ですな。
そろそろNEWランドナーかH/Dで2輪車生活復活かね。

次回はじっくりとスポルトいじりましょう。
それまでに自分もスポルト勉強しておきます。
20071030225439


今日はminatoさんと、バルケッタをオープンにして男二人でストイックにドライブ!
ところが、写真の場所で幌をあげていたら、運のいいことにminatoさん、う○こ踏んで一気にテンション下がり気味。
動揺したのか目的地と逆方向に向かったりと、出鼻くじかれ気味(笑)

しかし、最初の目的地のお蕎麦屋さんに到着するころにはすっかりテンションもあがり、古民家再生の蕎麦屋へと急ぐのでした。
20070917190618


帰宅途中、新らしそうなdefenderが自分のbugの前に合流。
見よ!!この電気機関車のようなリアビューを!!
いろいろカスタムされていて、オーナーのこだわりが感じられます。
スコットランドの荒野で、あるいはアフリカの大草原で黙々と働いているであろうLandrover Defenderは世界でも有数のwork horseだと思います。

つい先ごろ現行型として最後のリファインが行われましたが、お金があれば一度は所有してみたいです。いくらゲレンデバーゲンからボロイ壊れるとボロクソに言われようと、我関せずといった感じで、黙々と仕事をこなすdefender大好きです。
20070916175131


Isettaは写真の通りステアリングがドアに引っ付いていて、正面から乗り降りするという、現代では安全基準絶対に通らないけど、かなりナイスアイディアな構造になっています。

以前からその構造が気になっていたので、そこを説明してもらいました。
20070916175054


折に触れて紹介していますが、自分はバブルカー好きです。
で、高尾パークウェイの駐車場でブラブラしていると、見たことある
BMW Isettaが下りてくるじゃないですか?

これはもしかして・・・と思って、オーナーさんに車を拝見させてもらうと、案の定時々拝見させてもらっているIsettaのHPを開設されている方の車でした。

走行しているIsettaはもちろん、近くでまじまじと見るのは、石川の日本自動車博物館以来です。
いろいろ、貴重なお話を聞かせていただくことができ、とても楽しいひとときでした。
今日もしかして、一番の収穫かも??

今後、なんらかの形で交流できればいいなと思いました。
Mさん、今後ともバブルカーのこといろいろ教えて下さいね。
よろしくお願いします。
20070916174827


会場を見て回ると、おっとCMCのK会長のカルマン発見!!
オーラが出ていますな。ご本人ちらりと見えたんですが、仲間と話し込んでいらっしゃったので、後からお声かけしようと思いつつ、結局どんどん増える人ゴミの中で見つけ出すことができませんでした。

お昼に近づけば近づくほど、途切れなく車はやってきて、駐車場はほぼ満車状態になりつつあります。
20070911030623


会社の休憩時間に、stdのドアハンドルを交換しました。
特に助手席の亀裂が酷く、思いっきり引っ張ると、ちぎれそうな
ぐらい劣化していました。
ついでに、運転席側も純正で交換。

いい感じになりました。
500


New FIAT500が本国デビューしましたね。日本への上陸は来年2月ごろだそうです。先にupしたA3よりも実はこっちの方が本命かも…。
絶対にMINIよりもチンクの方がいいと思います。
ラゲッジスペースもMINIよりもチンクの方が車体は小さいのに容量大きいし。

日本の輸入車はドイツ車だけじゃないということをFIATは広めて欲しいですね。MTで操れば絶対に楽しいと思います。
趣味がとても似ているminatoさん、狙っているのではないでしょうか?

マジで購入考えています。
余談ですが、今日から両親はイタリアへバカンツァに行っています。
お土産はいらないからミラノかローマのFIATディーラー行って、
チンクのカタログとあればミニカー買ってきてと伝言したけど…。

今月の自分のお小遣いは全部両親の旅行の小遣いで消えたけど楽しんで、無事に帰国してくれればいいです。
20070811190741


今日は昨日の振り替え休日。
午前中は睡眠を貪り、午後から松車に出動して、リフトにstd上げて
oil交換。
自分、湯水のようにoil交換します。気づいたらstockなくなって最後の3本に…また注文しないと。

VW友達のコン太さんからメールが入り、彼も休みでホリメンしているみたいで、お家にお邪魔して二人でシート張替しました。
それにしても暑い。でコーラが美味い。